menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ビジネス見聞録

統計データを経営に活かす 第3回「ブランドは論理を超える」

ビジネス見聞録 経営ニュース

統計データを経営に活かす■岩崎邦彦(いわさきくにひこ)氏
静岡県立大学教授/「小が大を超えるマーケティングの法則」著者
上智大学卒業後、国民金融公庫を経て東京都庁に転じ、労働経済局にて中小企業の経営支援、地域振興に携わる。静岡県立大学教授となった今も一貫して中小企業が活用できるマーケティングの実践手法を研究し、経営支援で東奔西走の日々を送る。主な著書に「引き算する勇気:会社を強くする逆転発想」、「小さな企業を強くするブランドづくりの教科書」(日本経済新聞出版社)他多数。



消費者調査をしてみると、興味深い結果に出会うことがあります。

たとえば、観光の消費者調査をすると、「長野県」には行きたくはないが、長野県の「軽井沢」には行きたい人がいます。

長野県に行ってみたいと回答した人は47.9%ですが、軽井沢に行ってみたいと回答した人は、61.6%と6割超です。

「栃木県」に行きたくないが、「日光」には行きたい人も多くいます。栃木県に行ってみたいと回答した人は26.2%ですが、日光に行ってみたいと回答した人は、ほぼ倍の53.1%に上ります。日光は栃木県にあるのに。

「岐阜県」には行きたいと思わないが、「飛騨高山」には行きたい人がいます。岐阜県に行ってみたいと回答した人は37.0%ですが、飛騨高山に行ってみたいと回答した人は、60.0%に上っています。飛騨高山は岐阜県にあるはずです。


軽井沢、日光、飛騨高山の住所は、それぞれ長野県北佐久郡軽井沢町。栃木県日光市。岐阜県高山市。上記の消費者調査の回答には、明らかに論理的な矛盾があります。


しかし、この結果は、ブランド的には十分ありえます。なぜなら、ブランドは論理を超えるからです。
論理的にみると、軽井沢、日光、岐阜高山は、長野県、栃木県、岐阜県の一部ですが、ブランド的にみると、軽井沢、日光、飛騨高山は、長野県、栃木県、岐阜県を超えているのです。

おそらく、長野県、栃木県、岐阜県は、単なる「地名」です。一方で、軽井沢、日光、岐阜高山は、地名を超えた「ブランド」だということでしょう。
さて、あなたの会社名は、単なる「名前」でしょうか。それとも「ブランド」でしょうか。

参考文献:岩崎邦彦「地域引力を生み出す 観光ブランドの教科書」/日本経済新聞出版社

統計データを経営に活かす統計データを経営に活かす 第2回「モノ」から「コト」へとは?前のページ

統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法次のページ

関連記事

  1. 社長だけができる《幹部教育》の極意|講師インタビュー「〈自創式〉躍進経営」東川鷹年氏

  2. withコロナ時代の社長の話し方|講師インタビュー「リーダーの話し方」新田祥子氏

  3. 講師インタビュー「スピーチの秘訣」ソニー歴代トップのスピーチライター佐々木繫範氏

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第35話 「自創経営における人格能力の育み その5 思考方法編(2)」
  2. マネジメント

    失敗に原因あり(5) “調整型”では危機に対処できない
  3. 社長業

    Vol.97 販売の見える化
  4. 採用・法律

    第7回 『契約書チェックで取引先の「性格」がわかる?!?』
  5. 戦略・戦術

    第3回 お客様に繰り返しご利用いただく会社創り
keyboard_arrow_up