menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ビジネス見聞録

統計データを経営に活かす 第3回「ブランドは論理を超える」

ビジネス見聞録 経営ニュース

統計データを経営に活かす■岩崎邦彦(いわさきくにひこ)氏
静岡県立大学教授/「小が大を超えるマーケティングの法則」著者
上智大学卒業後、国民金融公庫を経て東京都庁に転じ、労働経済局にて中小企業の経営支援、地域振興に携わる。静岡県立大学教授となった今も一貫して中小企業が活用できるマーケティングの実践手法を研究し、経営支援で東奔西走の日々を送る。主な著書に「引き算する勇気:会社を強くする逆転発想」、「小さな企業を強くするブランドづくりの教科書」(日本経済新聞出版社)他多数。



消費者調査をしてみると、興味深い結果に出会うことがあります。

たとえば、観光の消費者調査をすると、「長野県」には行きたくはないが、長野県の「軽井沢」には行きたい人がいます。

長野県に行ってみたいと回答した人は47.9%ですが、軽井沢に行ってみたいと回答した人は、61.6%と6割超です。

「栃木県」に行きたくないが、「日光」には行きたい人も多くいます。栃木県に行ってみたいと回答した人は26.2%ですが、日光に行ってみたいと回答した人は、ほぼ倍の53.1%に上ります。日光は栃木県にあるのに。

「岐阜県」には行きたいと思わないが、「飛騨高山」には行きたい人がいます。岐阜県に行ってみたいと回答した人は37.0%ですが、飛騨高山に行ってみたいと回答した人は、60.0%に上っています。飛騨高山は岐阜県にあるはずです。


軽井沢、日光、飛騨高山の住所は、それぞれ長野県北佐久郡軽井沢町。栃木県日光市。岐阜県高山市。上記の消費者調査の回答には、明らかに論理的な矛盾があります。


しかし、この結果は、ブランド的には十分ありえます。なぜなら、ブランドは論理を超えるからです。
論理的にみると、軽井沢、日光、岐阜高山は、長野県、栃木県、岐阜県の一部ですが、ブランド的にみると、軽井沢、日光、飛騨高山は、長野県、栃木県、岐阜県を超えているのです。

おそらく、長野県、栃木県、岐阜県は、単なる「地名」です。一方で、軽井沢、日光、岐阜高山は、地名を超えた「ブランド」だということでしょう。
さて、あなたの会社名は、単なる「名前」でしょうか。それとも「ブランド」でしょうか。

参考文献:岩崎邦彦「地域引力を生み出す 観光ブランドの教科書」/日本経済新聞出版社

統計データを経営に活かす統計データを経営に活かす 第2回「モノ」から「コト」へとは?前のページ

統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法次のページ

関連記事

  1. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  2. 統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法

  3. 経営者のためのカンタン英語講座 Lesson2 ~「よろしくお願いします」というフレーズ~

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第29回 『あきらめない、迷わない、逃げない』 (著:小比類巻貴之)
  2. 経済・株式・資産

    第39回 外部環境変化を素直に受け入れて、成長軌道に回帰する:「サイゼリヤ」
  3. 戦略・戦術

    第248号 宅配送料についての新しい取り組み
  4. マネジメント

    第191回 『トンネルの先の光を示せ』
  5. 経済・株式・資産

    第12回 学生パートの就職支援でパート求人難を乗り切る「APカンパニー」
keyboard_arrow_up