menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

組織を動かす力(8)人材を育てる

指導者たる者かくあるべし

 「歴史を学べ」と説いた孫権

 紀元三世紀、三国時代中国の一角、呉の孫権は、人材を大事にした。武将のひとりに呂蒙(りょもう)がいる。若くして家を飛び出し、孫権の兄・孫策の軍幕に入り、数々の軍功を上げた。根っからの武人ではあるが、思慮の足りない粗暴な面があった。

 兄の死後に政権を引き継いだ孫権はある時、呂蒙を諭す。「あなたは今、重要な地位にあるが、学問をして知識を広めるべきだ」。たしかに呂蒙は戦いにあけくれ正式な学問などしたことはない。軍営からの報告書も口述筆記させている。むっとして反論する。

 「軍中にあって忙しく、そんな暇はありません」。孫権は説得する。「私だって忙しい。それでも若い頃から本は読んだ。なにも学者になれと言っているんじゃない。先人から学ぶことは多い。学べば必ず得ることはある」。これを機に呂蒙は寝る間も惜しんで史書、兵書を必死に学ぶようになった。

 

 豹変した呂蒙に目を見張る

 時が過ぎ、同じ軍下にいた先輩の魯粛(ろしゅく)は、近ごろ呂蒙が人望を集めていることを聞き、転戦の途中、呂蒙を訪ねた。蜀の関羽への対応をめぐり談論を重ねた。「呉と蜀は今は同盟関係にあるが、やがて裏切る蜀の猛将である関羽を討つならいまだ」と、歴史の教訓をひきながら大局の軍略を説く呂蒙に、聡明な魯粛もたじたじとなる。

 「お前さんは、武略一点ばりと思っていたが、いまや学識も広く、昔の喧嘩っ早いだけの阿蒙(蒙ちゃん)とは見違えるようだ」

 そして、呂蒙は今に伝わる有名な言を吐く。

 「士、別れて三日なれば、即ちまさに刮目(かつもく)して相待つべし」(男というものは、別れて三日のちに会えば進歩しているものだ。目をこすって見直すべきだ。昔の私じゃないよ)

 やがて呂蒙は、知略と先見をもって孫権に献策し、蜀の功臣、関羽を追い詰めて生け捕り、死に追いやる。天下をめぐって競り合う三国の中で、蜀にひいき目に描かれた「小説三国志」のファンにとっては「憎き暴れん坊の呂蒙」であるが、なかなかどうして、努力の人なのである。

 

 優秀な人材とは

 孫権は、若くして逝った武将の呂蒙をしばしば偲んでこう語る。「ちゃんとした大人になってからも積極的に自己の向上を目指す。そうした点では呂蒙に及ぶものはなかろう」。

 史書としての『三国志』を書いた陳寿も評を書き加えている。「呂蒙は、勇敢であるとともにちゃんとした策略を立てることができ、軍略というものがはっきりと分かっていた」。

 優秀な人材というものは、学歴、門地でないのはもちろんのこと、ただ営業成績だけで計れるものものではない。先人に学んで、策略を立てられる者をいう。古今を問わない。

呂蒙も偉いが、暴れん坊に学問を勧め育てた孫権も偉い。

 

(書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

※参考文献
『三国志(五)呉書』陳寿著 裴松之注 中華書局
『正史三国志7』陳寿著 小南一郎訳 ちくま学芸文庫

組織を動かす力(7)社員の独創性を引き出す前のページ

組織を動かす力(9)トップと部下の信頼関係次のページ

関連記事

  1. 故事成語に学ぶ(20)鶏口となるも牛後となるなかれ

  2. 中国史に学ぶ(8) 鹿を馬と言いくるめる踏み絵

  3. 人を活かす(4) 三原 脩(おさむ)のチーム再生魔術

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第110話 中小企業の事業承継(13)
  2. マネジメント

    第18回 100cmからの政治と児童養護、障がい者政策
  3. 人間学・古典

    第14回 賢人を集める 唐の太宗の政治
  4. 統計データを経営に活かす

    ビジネス見聞録

    統計データを経営に活かす 第2回「モノ」から「コト」へとは?
  5. 人事・労務

    第129話 あらためてベースアップの意義を考える
keyboard_arrow_up