menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第126回 デジタル測定機材で「テレ」コミュニケーションを円滑化

デジタルAVを味方に!新・仕事術

テレワークの機会が増え、社内の打ち合わせや、取引先との会議など、コミュニケーションの形も様変わりしています。ビデオ会議が普及したお陰で、音声のみの電話と比べると、相手の表情が見えたり、資料やサンプルを映像として共有できるなどの進化は感じますが、やはり面談に比べると「痒い所に手が届かない」感はつきまとうものです。

そうしたストレスを少しでも低減したり、誤解によるロスを抑える手段の一つとして、「はかれるモノははかる」、「数値でやり取りする」、ことを提案します。
今では測定に必要な道具も、使いやすいデジタル機器が豊富かつ安価になっていますので、検討されてみてはいかがでしょうか?


■大きさ(長さ)
ありがちな誤解の筆頭は、「思っていたよりも大きかった」あるいは「小さかった」というものです。販売されている製品の場合は、仕様として長さを明記するのは当然ですが、打ち合わせの過程では、「手のひらくらい」など、曖昧になっていないでしょうか?
長さはモノさしなどでも簡単に測れますが、もう一段の精度と手軽さを求めるなら、「デジタルノギス」がお勧めです。モノ作りの現場では欠かせない道具の一つですが、現在では測定値をデジタル表示できる製品が安価で手に入ります。

【写真】デジタルノギスの製品例。ものさし代わりの簡易的な製品なら1,000円程度の製品も。

■距離
数メートルから数十メートルと、モノさしで測れない距離になると、専門職でない限り、測るのが面倒なものです。巻き尺などは簡単に手に入りますが、使い慣れていないと、メモリの読み間違いなども起こりやすく、後々、この誤差が問題になるかもしれません。

今では、「レーザー距離計」が非常に手軽に入手できるようになっているので、1台備えておくと便利です。床から天井といった手が届かない範囲も、1人で簡単に、ミリ単位の高精度で測定が可能です。

【写真】レーザー距離計の製品例。20m程度以内の距離測定なら、5,000円くらいから購入可能。

■重さ
キッチン用のスケールを用いると、0.1g単位で量ることが可能です。デジタル式ならコンパクトで邪魔にならず、もちろん、キッチンで調理時にも重宝しますので、1台備えておきたい道具です。
1kgを超えると、体重計を利用すると良いでしょう。体重計に乗せにくいモノの場合は、ヒトが乗ってから電源をオンにすると、その重量が0(ゼロ)になる製品が多いので、その上で量りたいモノを持つと、簡単かつ明瞭に測定が可能です。動いてしまう生き物の体重を図るのにもお勧めの方法です。

製品例: タニタ クッキングスケール
https://www.tanita.co.jp/product/c/c1030l0/


■色
テレコミュニケーションで一番難しく感じるのが、「色味」の共有です。写真でも動画でも、撮影する機材、設定、表示側のモニターなどで差異が生じます。
色味の共有は非常に難易度が高いですが、高価ながら、色を測定する機材も存在します。専門業種以外では導入も扱いも難しいと思いますが、参考までにご紹介を。

製品例: コニカミノルタ 色彩・色差計 製品例 CR-10 Plus
https://www.konicaminolta.jp/instruments/products/color/cr10plus/index.html

商品企画などのレベルでは、「Pantone」や「DIC」といった色見本帳が使われることが多く有効な手段ですが、照明によって見え方が異なったり、色見本帳の偽物も存在するので、注意が必要です。


■さいごに
デジタル技術の進化で、誰でも扱い易い高精度な測定機材が手軽に入手できるようになっています。コミュニケーション時の誤解から生じるロスを低減するためにも、合理化の手段の一つとして、活用を検討されてみてはいかがでしょうか?

第125回「USBメモリの音声データをスマホに取り込む方法」前のページ

第127回 40万円のウォークマンを多面的に考える次のページ

関連記事

  1. 第80回  探す時間を無くす!落とし物を無くす!

  2. 第36回 4Kそして8Kがやって来る

  3. 第25回「仕事シーン別 おすすめビデオカメラ」

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第24回 過ちを悔い改める 重耳の失敗対応
  2. 社員教育・営業

    第1講 「成功するクレーム対応は『顧客満足』を理解するのが第1歩」
  3. マネジメント

    後継の才を見抜く(8) 本田宗一郎の引き際
  4. ブランド

    海外目線の外見チェック  -理想のポートレートを手に入れよう 「装い編」-
  5. マネジメント

    第241回 「二項対立」の考え方
keyboard_arrow_up