menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第44回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:コロンビアスポーツウェア

オンリーワンで勝ち残る企業風土づくり

~企業理念を現場で活かすための共通言語とは?!~
1938年にアメリカのオレゴン州で創業したコロンビアスポーツウェア。
 
同社は、定番の「マルチポケットフィッシングベスト」や、アウタージャケットとインナージャケットをファスナーで着脱できる「インターチェンジシステム」を開発したメーカーとして、今では、登山やトレッキング、ウォータースポーツ、マウンテンバイク、フリークライミングなどのウェアやシューズ、グッズの販売からマーケティングを手がけることで、直営店、アウトレットショップ、フランチャイズ、スポーツ用品小売業への卸販売も含め日本国内合計31の小売店舗を展開するまで成長しています。
 
同社がここまで外国(日本)で成功できた理由とは?何か?
 
それは、米国本社の(英語で書かれた)企業理念(以下)の<高価値>という文言を、言語の違う外国(日本)でも相互理解できる<共通言語>(=機能)に置き換え、コロンビアスポーツウェアが定義する“高価値”を常に現場が意識できるようにしたからです。*共通言語とは?現場ベクトルをそろえる会社独自の文言
 
<コロンビアスポーツの企業理念>
「年齢を問わずアクティブな消費者に、本物のアウトドアを体験できる高価値の商品をデザインし、提供する」 
(At Columbia Sportswear, our mission is to design and deliver authentic, outdoor, high-value products for active consumers of all ages).
 
<コロンビアスポーツの共通言語(=機能)4つ>
・ウォーム・・体の熱を利用して、厳しい天候でも快適な状態をつくりだす保温機能
・ドライ・・濡れない、蒸れないことを目的とした防水透湿、吸湿速乾機能
・クール・・汗や水分を利用して、温度を下げる冷却機能
・プロテクテッド・・汚れや水、紫外線、風、虫などを防ぐプロテクション機能
 
~ブランドがリピートを生み出す!!期待を上回る提案とは?!~
コロンビアスポーツの強さとは?
それは提供する全ての製品が高価値(先述の4つの機能)を満たすことで、顧客に快適なアウトドア環境を提供し、顧客の期待に必ず応えていること です。
 
では、同社の本当の強さとは?
それは顧客の期待を上回るために、4つ(下述)のアウトドアブランドを駆使し、
海外(日本)市場でも日本の消費者目線で仮説を立て、日常でも体感できる
「タウンウェアとしての使いやすさ」を“スタイル”として解決することで、(以下のように)本物のアウトドアを提供し、リピートを生み出していることなのです。
 
<コロンビアスポーツ4つのアウトドアブランド>
・ウィンターブーツの「ソレル」
・トレイルランニングシューズの「モントレイル」
・アルパインウェア・ギアの「マウンテンハードウェア」
・幅広いラインアップを誇るメインブランド「コロンビア」
 
<仮説>
「日本は海外のようにロングバケーションはとりづらく、アウトドアも週末の一泊二日と短期間になり、せっかく購入したアウトドアウェアがもったいない。」
 
<解決>
幅広いラインアップを誇るメインブランド「コロンビア」の商品を、ウィンターブーツの「ソレル」でコーディネートすれば、日常使用でも本物のアウトドア体験(同社商品には“アウトドア”としての証が機能(“ウォーム”“ドライ”“クール”“プロテクテッド”として付帯)を楽しめる
 
 
~顧客の期待を超える現場の情熱はいかにして生まれるか?!~
コロンビアスポーツの全ての製品は、機能(“ウォーム”“ドライ”“クール”“プロテクテッド”)を満たすことで、お客様に快適なアウトドア環境を提供しています。
それができるのは
現場が「アウトドアに対する情熱を持っている」からです。
 
同社の日本社長ラッザリ氏は、
「情熱がお客様に伝われば、接客の半分は成功したようなものです」と確信をもって語りつつも、
同時に「商品を売ることも大事だが、より重要なことがあります」と付け加え、
こう続けています。
 
「我々は、商品だけを売っているとは思っていません。
我々が本当に売っているのは、アウトドアを愛するライフスタイルであり、傾ける情熱なんです。そのためには、商品だけでなく、新たなトレンドをつくることも役割のひとつだと考えています」
 
社長が普及を推進するロングトレイル(登山道やハイキングコースなど複数にわたる自然歩道をつなぎ、自然や文化を楽しみながら100KM単位の長距離を歩くアクティビティ)は、”自らが動くと、仕事も人生に対するスタンスも変わるはず“と自身が率先垂範することで社内に浸透させようとしているのです。
 
コロンビアスオーツウェアFB(英語)<ミッション>
https://www.facebook.com/ColumbiaSportswear/info/?tab=page_info
 

第43回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:スカンジナビア航空~前のページ

第45回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:チックフィルエー次のページ

関連記事

  1. 第33回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:コンテナストア

  2. 第43回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:スカンジナビア航空~

  3. 第16回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:ブルガリホテル&リゾーツ

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 不動産

    第85回 「 トイレ 」 を見れば設計者の力量が分る。
  2. 仕事術

    第4回 繁盛する店舗の音響~低音が鍵
  3. 戦略・戦術

    第28話 B/Sの読めない銀行の支店長に出会うと大変だ!!
  4. マネジメント

    故事成語に学ぶ(8)忠言は耳に逆らいて行いに利あり
  5. 社員教育・営業

    第10号 “新規事業を行いたい会社”の全員営業の活用法【...
keyboard_arrow_up