menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第20回 墓の中から子どもを守る手段

欧米資産家に学ぶ二世教育

「自分が死んだあとのことは適当にやってくれ」という人がいれば、とことん家族 の心配をしていく人もいる。
そんな時世界の資産家にとって極めて重宝なのがトラスト(信託)である。
トラストの起源は、中世にまで遡る。そもそもは、長子相続制のイギリスで後継男子がいない場合、
国王による土地没収を防ぐ手段として利用されていた。
十字軍の騎士も荘園などをトラスティー(受託者、友人など がなった)に預け、
妻や幼い子供が資産を不当に奪られないようにしたという。


日本の信託は多少異なるが、信託法が改正されたことで今後税制が整備されればいろいろな面での利用が考えられる。


この中世に起源をもつ英米法下のトラストでは実に各種の仕組みが可能で、何歳になったら、どんな条件を満たせば
受け取れるか(結婚してまともな職業についている、一定の収入を稼げばそれと同額支払われるなど)などかなり
自由に設定でき、お目付け役をおくこともできる。


実際欧米の名だたる資産家といえどもあっという間に資産を枯渇させ、
最後に生活を支えたのは祖父が設定した信託基金だったという話はよく耳にする。
相続人になった途端、多くの人間がすり寄ってくる。
銀行、証券会社のみならず、友人からの投資話、親戚が起業するから金を貸してくれ、うんぬん。
自分で資産を作った人はある程度の判断力を持っていようが、金銭教育、投資教育なかんずく
人間教育が十分されていない相続人の場合は餌食になるのが落ちである。
そこで信託が威力を発揮するのである。


日本で、すぐ使える手段としては、遺産を生命保険の形で残し、それを年金形式で受け取るようにしておくのも一法であろう。
相続税軽減効果もあるし、多くの資産を一度に手にするわけではないから、何だかんだと迫られても断りやすい。
もちろん投資教育を、なかんずくファイナンシャルアドバイザーの使い方をみっちり教えておくのが一番いいのだが。

 

榊原節子     
PHPのほんとうの時代10月増刊号に日野原先生、司葉子さんと私の対談が出ました。     

第19回 幸せ教育前のページ

第21回 資産の継承に失敗する理由は次のページ

関連記事

  1. 第76回 幸せの要素 No.1

  2. 第38回 オーナーとしての側面

  3. 第4回 お金を遺すならパッケージで

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第51話 「国債が売れないぞ!長期金利が上がるぞ!」
  2. 経済・株式・資産

    第97回「ネット投稿による作家発掘が広げた新たな出版経営のポテンシャル」アルファ...
  3. マネジメント

    第192回 『明日の100点より、今日の80点』
  4. 社員教育・営業

    第10号 “新規事業を行いたい会社”の全員営業の活用法【...
  5. 採用・法律

    第50回 『デザイン家具の輸入』
keyboard_arrow_up