menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第19回 幸せ教育

欧米資産家に学ぶ二世教育

かなり前のことになるが、コンピュータ関連の会議で講演者の一人が「もうコンピュータの仕事はやめて、
どうやって自分が幸せになるかに集中したい、勿論コンピュータを使ってね」と語っていた。
その後、彼がその課題に成功したかどう かは分からないが、昨今やたらと「幸せ学」「幸せ研究」を目にするようになった。


友人たちの中に確かにいつも「楽しそう」にしている人がいる。
特別なことがなくても何故か楽しげでハツラツとしている。
「あれは両親の生活態度を見て学んだのかな、或いは生まれつき遺伝子的にセロトニンが大量に出るのだろうか」
などと量りかねていた。


最近読んだマーシー・シャイモフ著、茂木健一郎訳の『脳にいいことだけをやりなさい!』によれば、
どうも私たちの脳には一定の「幸せ度」が設定されてお り、たとえ悲劇的なことが起ころうと、
ゆくゆくは「一定の幸せ度」を維持しようとするというのだ。
それは平均体重と同じで、「意識的に変えようとしなければ」いずれ同じ値に戻る。


同著には幸せ度アップの方法まで書かれており、
「(今)に意識を集中させること」
「宇宙は自分に優しいと感じること」
「ひたすら感謝して進歩を喜ぶように」
「エネルギーを拡大させること」
と続く。

それには自分を認めて、
「押し殺してきた感情や過去の経験を受け入れ」
「自分はダメな人間だという思い込みを捨てる」
などアドバイスは更に詳細に及ぶ。


同書が提唱していることは特段目新しいことではなく、古今東西の幸福論、
宗教の教え、更に精神分析医の観察等とほぼ同じ路線であるように思える。
もっとシンプルなのが、技術コンサルタントで講演者としても引っ張りだこの工学博士 五日市剛氏の「ラッキー」哲学。
五日市氏とは一緒に旅行したこともあるのだが、毎日周囲に「あなたラッキーですか」と問いかけ、「ラッキー」という返事を貰う。
この言葉の魔力で幸せになれ更に運勢が開けてくるというもの。
ご興味がある方は彼の講演録『ツキを呼ぶ魔法の言葉』を参照のこと。


親はみな子供に幸せになってほしいと願う。それなら幸せになる教育も必要なのではないだろうか。


 

榊原節子     

第18回 一族という意識前のページ

第20回 墓の中から子どもを守る手段次のページ

関連記事

  1. 第21回 資産の継承に失敗する理由は

  2. 第55回 日本人が苦手なダイバーシティ(多様性)への取り組み

  3. 第41回 あなたのお子さんは生き延びられますか?

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    “内外両面”上質感
  2. 社員教育・営業

    第55講 クレーム担当者が疲弊しない成功の極意(1)
  3. 戦略・戦術

    第23回「成長し続けることができる組織の4つの特徴 ~それは、小学校と同じだった...
  4. 社長業

    Vol.64 社長の重要参謀「有能な税理士の条件」
  5. 社員教育・営業

    第57講 クレーム担当者が疲弊しない成功の極意(3)
keyboard_arrow_up