menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第40回 危機時の対応をどう教えるか

欧米資産家に学ぶ二世教育

 

次世代へのバトンタッチを考えている社長から「まだ修羅場をくぐっていないしここで譲っていいものかーー」という発言を聞く。平時は古参の社員が脇を固めるなどなんとかなろうが、果たして危機時に対応出来るのか、親にしてみれば経験不足故の後継者が心配でならないのだと思う。

今回の東電、以前の船場吉兆、古くは雪印のスキャンダル、いずれも非常時の対応が極めてまずかった。対照的だったのがイスラエルの大型コンテナ船と日本の漁船の衝突で死者が出たとき。イスラエル側に落ち度ありと判明した段階で即日謝罪、翌日にはイスラエルから社長が直接日本の漁村に出向き、遺族に陳謝していた。

また「沖縄はゆすりの名人だ」などと発言したとされるメア日本部長の問題。発覚したのが今年の37日、キャンベル米国務次官補は10日松本外相と会談、謝罪し、メア氏の更迭を発表、同日ルース駐日米大使は急遽沖縄県を訪れ仲井真弘多知事に陳謝している。素早い動きである。

どのような事態が世界のどこで起こるか皆目見当がつかない世、後継者には事故対応、危機管理のケーススタディーなどの訓練が必要だ。日本人は官民問わず非常時対応に弱い。コンセンサスのよる決定方法は危機時に向いていない。トップダウンのすばやい決断が可能なファミリー企業は危機対応に強みが発揮できるはずだ。さらに最近はリスクコンサルティイングを業としている会社がある。いざというときはそこを雇うのも一法だろう。マスコミ対応一つをとっても誤れば二次的な危機を招いてしまう。すばやい動き、適切な処置は是非とも二世教育の一環として教えておきたい

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子 

第39回 ファミリー企業―家族としての側面前のページ

第41回 あなたのお子さんは生き延びられますか?次のページ

関連記事

  1. 第54回 グローバルな視野を身につけさせるには

  2. 第3回 子供を連れ歩く

  3. 第36回 日本にいながら国際的視野を

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    第13回 自ら風をつくる社長になる
  2. 戦略・戦術

    第16回 「継続企業は、どんな人でも活躍できる仕組みがある!?」
  3. マネジメント

    挑戦の決断(24) 富国強兵のため手段を選ばず(山県有朋)
  4. 不動産

    第36回 斜面地は「 開発行為 」等が必要なので地価が安くても仕入れない事
  5. 経済・株式・資産

    第19回  生命保険を活用した会社の資産づくり
keyboard_arrow_up