menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第86回 演劇部に入る?

欧米資産家に学ぶ二世教育

以前「声の出し方」について解説したが、重要なのは何よりも説得力のある話し方、効果的な話し方であることは論を待たない。

日本の大学では「効果的なスピーチ」が科目として提供されることはあまり多くないかもしれないが、私が卒業した国際基督教大学ではたしか必修科目となっており、私は英語で単位を取得した。
3分とか10分とか限られた時間内に与えられたテーマでスピーチするのは母国語でも難しい。起承転結が必要だし、聴衆に合わせたトピックの選択、話し方が求められる。予め準備するスキル、その場で対応するスキル双方が必要とされる。大学で修得できなくても「デールカーネギー」始めこの種の研修を提供しているところは多い。ビジネスリーダーとしてのよいトレーニングになろう。
 
皆の前でスピーチをするということだけで、かなりのプレッシャーがかかる。聴衆をジャガイモと思えばいいなどのアドバイスはあるが、ともかく場慣れすることが大切だと思う。船井総研の創立者の故船井幸雄先生に講演の極意を伺ったことがあるが、「どんな人でも数をこなせば上手になるよ」と言われてしまった。
 
説得力のある効果的なスピーチには、どんな聴衆なのか、自分に何が期待されているのかを察知することが必要だし、見込み違いだった場合直ちに修正する、つまりその場での対応能力も問われよう。
 
私はイギリスで「日本の富裕層」についての講演をしたことがあるが、私の友人でもある主催者から厳しい注文をつけられた。「日本人で上手に英語でスピーチをした人を見たことがない。」と公言して憚らない彼は「ジェスチャー豊かに、ステージを歩き回って」から始まり私のパワーポイントのスライドにも「動きに乏しい」と注文をつけてきた。
 
イギリスの友人から「エリートの人たちはよく大学で演劇部に所属するのよ。そうして彼等は効果的な話し方を学ぶの」と聞いたことがある。たしかにシェークスピアの名セリフをマスターしていれば、気の利いたセルフが使えるし、声の出し方から言い回しまでスピーチでの応用範囲は広いだろう。
 
日本でも「人の心をつかむコツを」と考え「吉本興業で修行しなさい」という経営者が出てくるかもしれない。
 
 
                             ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

第85回 撤退のノウハウ前のページ

第87回 ワンランクアップを目指すには苦手なことに挑戦を!次のページ

関連記事

  1. 第10回 ボランティアとNPO活動

  2. 第34回 家族マターは全員一致

  3. 第53回 日本の長寿企業―世界遺産登録?

最新の経営コラム

  1. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年6月19日号) 

  2. 第214話 「働く人が集まらない!」

  3. 第334回【社長のリーダーシップ編⑩】自分はリーダーのどのタイプ?(PM理論)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第3回 社員が脱サラすれば、自然と経営者意識がわいてくる
  2. 人事・労務

    第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか
  3. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(18) 戦う前に勝負を決した秀吉
  4. 経済・株式・資産

    第42回「長期停滞期にある日本の震災復興と景気~周回遅れからフロントランナーへの...
  5. 戦略・戦術

    第107話 「ささやき税理士は、税務上の評価軸で会社をみている」
keyboard_arrow_up