menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第89回 AI要約

社長のメシの種 4.0

 人間が通常使っている言語(自然言語)は曖昧性を含むが、それを踏まえてコンピュータ(AI)で処理して意味を把握、要約するシステムが登場し始めた。
 これらは、文章を「形態素解析」と呼ばれる意味を持つ最小の言語単位に分割、各単語に適切な品詞を割り当て、単語間の関係性についての構文解析や意味解析を行うなどのプロセスで文章の意味を把握し、それを要約するというものだ。


 最近登場した、長い文章でも3行に要約してくれる「ELYZA DIGEST」や、ニュース記事を10%、50%など指定した分量に要約してくれる「ニュース・タンテキ」などの日本語AI要約を使ってみたが、期待以上に精度もよく、AIの進歩に驚かされている。


■ELYZA DIGEST(イライザ・ダイジェスト)


 東京大学松尾研究室から出たAIスタートアップ「ELYZA(イライザ)」が8月に公開した「ELYZA DIGEST」は、入力した文章データを3行に要約するAIだ。


 ニュース記事、書籍、小説のような校正された文章はもちろん、議事録や対話記録のようなメモ的な文章にも対応して、長さに関係なく3行に要約、URLを張り付けるとそのページ内の全文章からも要約できる。
 人間だと5分かかる900字程度の文章を「ELYZA DIGEST」は10秒以下で要約できるため、会議前などにいろいろな資料に目を通す必要がある時などは大変便利だ。


■ニュースタンテキ


 「バズグラフ」という会社が開発したニュース記事に特化したAI要約システム「ニュース・タンテキ」は、最大1万文字まで要約可能で、要約圧縮率を10%~90%に選択できるし、文章構造図(ニューラルマップ)やキーワード出現率の表示などもしてくれる。


 最新の新機能ではキーワードを入力すると関連ニュースが表示され、それをそのまま要約することも可能になっている。
 要約文字数の指定機能もあるため、原稿を書く場合にも役立ちそうだ。


 このような便利なサービスが学生時代にあったら、夏休みの宿題の読書感想文や課題のレポートなどを楽に仕上げられたと思ってしまうが、車にばかり乗っていると足腰が弱るように、自分でたくさんの文章を読むことで読解力がつくので、急ぐときにタクシーを使うようにうまく使い分けていくことが課題になりそうだ。
 しかし、AIの進化を体感し、今後の効率的な仕事や勉強環境を考える上では「AI要約」は体験する必要があり、皆さんもぜひ使ってみていただきたい。

======== DATA =========

●ELYZA DIGEST(イライザ ダイジェスト)
http://www.digest.elyza.ai

●東大松尾研究室
http://weblab.t.u-tokyo.ac.jp

●ニュースタンテキ
http://ai-tanteki.com

●バズグラフ
https://buzzgraph.co.jp

第88回 メッセージ物質「エクソソーム」前のページ

第90回 今年の10ワード次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 《デジタル革命・AI最新技術》

    音声・映像

    《デジタル革命・AI最新技術》

  3. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

関連記事

  1. 第105回 暗号資産(仮想通貨)暴落

  2. 第24回 ティッピング・ポイント

  3. 第95回 メタバース

最新の経営コラム

  1. #2 一流の〈相談乗り力〉-相手になりきって聴く-

  2. 第49回 「お客様第一主義」の根本

  3. 第213回 少数株主からの買取請求を阻止せよ!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第123回「中長期にわたる同社の成長シナリオが本格的にスタート」やまみ
  2. 経済・株式・資産

    第177回 中国「団塊の世代」の退場とデフレの到来
  3. キーワード

    第2回(テーマをとことん絞り、「超専門店」化する)「葱や平吉」
  4. 経済・株式・資産

    第20回 スマホ市場の貢献で、業績が急拡大期入り「サイバーエージェント」
  5. 経済・株式・資産

    第19話 経済減速が続く「巨艦」中国の次の一手は?
keyboard_arrow_up