menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第60回「子や孫の資産形成を支援するためにNISA活用を」~生前贈与資金を少額投資非課税制度で運用する~

会社と社長のための資産管理講座

来年1月のNISA(少額投資非課税制度)開始により、若年層の新しい投資家が株式市場に参入することが期待されている。資金を潤沢に持つのはシニア層だが、この制度が日本人の資産形成の重要手段に発展するためには、若年層の参加者が多数を占める必要がある。

「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、金融資産ゼロの世帯は20歳代で34%と全世帯の26%を上回る。年齢と共に蓄積が増えるのは当然の結果だが、日本の厳しい将来を考慮すれば、若年層が早い時期からマネープランに真剣に取組むべき時代といえる。今後、親世代も子世代を援助する余裕を失う時代になるとすれば、NISAは親子共々、人生設計を考えて実際に投資行動を取る良い機会になるはずだ。

資産形成ニーズが高まる一方で、近年の金融市場はさまざまな理由から変動率が大きくなり、変動周期も短くなり難しい環境にある。米国のQE3(量的緩和)や日銀の異次元金融緩和など、「過去に経験したことがない金融政策の出口を無事に抜けられるのか?」、米国の明るい景気指標が発表されるほど、熟練の市場参加者でも判断に迷いが出るようだ。

アベノミクスの三の矢「民間投資を喚起する成長戦略」は、規制改革と構造改革により民間活力を引出すことが核心。抵抗勢力を排除し大胆な改革を実現できるか注目される。しかし、ご承知のようにこの政策が成功しても、日本の将来は増税と社会保障給付の引下げにより、日本人が自分の人生に自己責任と自助努力を求められる点で変わりはない。

個人投資家の資産運用に関しては、資金の運用期間が長ければ長いほど、その分だけリスクの時間分散も出来て運用成績も長期安定してくるものである。富裕層から見れば、少額投資非課税制度は年間100万円までの投資元本を5年間、最大500万円が非課税枠なので、「文字通り『少額』でお話にならない」と考えがちだ。しかし、子や孫にとっては決して少額ではなく、彼らの持つ武器である『運用期間という時間』を活用する好機になる。

アベノミクスや東京オリンピック招致への期待感から、久々に日本全体に高揚感や明るい展望が見え始めている。このタイミングを逃すことなく、相続対策で生前贈与する資金の一部でも、NISAで運用するように子や孫に示唆してやることも、前回の東京オリンピックや幾多の景気変動の波を知る人生の先輩として、また経営者として重要なことではないだろうか。

                                    

以上

 

第59回「アベノミクス効果と相続対策で動き出した住宅建築」前のページ

第61回「消費税対策の駆け込み購入はくれぐれも慎重に」次のページ

関連記事

  1. 第81回「米金融緩和の出口は次の強気相場の入口か?」

  2. 第48回「資産運用に重要な情報分析の視点」

  3. 第66回「老後の見直しを迫る年金財政の将来」

最新の経営コラム

  1. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  2. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

  3. 第79回 塩原元湯温泉(栃木県) 1200年の歴史を誇る黒・白・緑の極上湯

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第25号 3大疾患~予防のココロ(4)心臓病
  2. マネジメント

    第153回 『時間を二つに分ける』
  3. 健康

    第5回社長の「言葉」、その一言が社員の将来を左右する
  4. キーワード

    第91回 目指せ「不良長寿」! 自己嫌悪や罪悪感こそが健康を害する~毎日ビールや...
  5. ブランド

    vol. 6 名称が作るブランド・イメージとアイデンティティ伊ブランド「ヴェルサ...
keyboard_arrow_up