menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

男のオーラ-その4

最高の自分を表現する 成功イメージ戦略

言語を超える「ボディランゲージ」の効果 2


今回は、前回に引き続き、ある写真に見た国際交流場面における
ボディランゲージのポジティブイメージとネガティブイメージのポイント第二弾を分析解説しましょう。


「NYから迎えたシェフ数名と、彼らを迎えた日本のある地域の立場ある方々が一緒に写った、
その写真。日本側の方々が、何故かとても魅力的ではなく、パワーレスに見えた。
そして、写真にあった数々のシーンで、彼らの態度が横柄なものに見えてしまった。」という残念な事実が
そこにありました。何故、そのような印象に見えてしまっていたのでしょうか?

その大きな原因は「角度」。正確に言えば、体の角度、顎の角度、目線の角度でした。


非日常に近い、慣れないシチュエーションでの不安もあったことでしょう、
そして、「自分を堂々と見せなくてはならない」という意識もあってでしょうか、
余裕あるように振舞おうとしたのかもしれませんが、ソファーに座った姿勢が
のけ反ったようになってしまっていたのでした。この状態では、当然ながら顎が上がる姿勢になります。
これでますます横柄な印象を大きく与えてしまうネガティブな結果となった訳です。
この様に、人との対談場面では、ソファーに座る状況が多くあります。その際の座り方と姿勢から
相手が受け取るイメージでビジネスの可能性が変わってしまうとしたら、一大事です。

まず座り方の理想としては、椅子の奥まで深く腰掛けて、適度に背をもたれ、ゆったりとします。
それが自分もリラックスし、相手もリラックスさせ、余裕のある会話の出来る環境を作り出すことができます。
しかし、身長の大きな人ばかりではない日本人の場合、大きめのソファーにゆったりと深く腰掛けることが
難しい場合も多々あります。深く座ろうとすると動きがスムーズではなくなってしまいます。
これでは、ぎこちない印象です。また、いざ深く座ったかと思うと、足が床にきちんとついておらず、
ぶらりとしてしまう。これでは、子供のような感じであったり、地に足がついていない、
不安定な印象を否めません。では、足が届く位置で中途半端に腰を下ろし、
背もたれに全部寄り掛かるとします。すると、まず上半身の角度はリラックスを超えた、
だらしないイメージを与える斜めの角度になってきてしまいます。
当然、頭の位置は後ろになり、顎の上がった姿勢となってしまいます。
そして、その姿勢のまま、顔(目)は前を見ようとするため、顎が上がって、目線は上からのものになります。
従って誰から見てもいい印象には映りません。
まさに、前回、今回とテーマに上げている写真に見た、横柄な態度と受け取られてしまう体勢になるのです。

ではどうしたらよいのか?そしてその注意点は?
まず、ソファーには出来るだけ深めに腰を落とします。
そして背もたれの位置を上半身の角度で確認しつつ寄り掛かり、顔が真正面に向く(顎が上がらず、
目線が上からにならないように)体の状態を確かめて、腰の位置を修正。
確認ポイントは、話しながら、手のジェスチャーがきちんととれるかどうかです。
(上半身の角度が斜めになりすぎていると、手元の動きはとれなくなります。)


初対面や大切な場面、ソファーに腰掛けるシーンは数知れません。
そのような際に、ポジティブなイメージを与える存在としての「座り方、体の角度」で、
どれだけ相手に与える印象が違ってくるのか知り、実践することも、
ビジネスパーソンそして経営トップである人々がご自身のイメージマネジメントや
相手へのエンターテイメントとしての大切なコミュニケーションスキルです。
ご自身がビジネス用にご用意されるポートレート撮影や、メディア対応の準備の中で、
このようなシーンも是非ともリファインなさってみてください。
それを体得された方であれば、ソファーにゆったりと座り、リラックスしたその姿には、
自信、威厳、そして余裕という成功者のイメージ(オーラ)が背景に大きく広がっているはずですから。

男のオーラ-その3前のページ

イメージ戦略の一般論と罠次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連記事

  1. 価値ある人を見分ける・イメージ判断法 -時計のヴァリュー-

  2. 社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ H・・・Halo Effect

  3. 自信と満足のスーツ選び -ジャケットのスタイル-

最新の経営コラム

  1. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

  2. 第74回『プロジェクトエコノミー』~生産性向上の意味合いが変わった、生き残るには早く正確は古い~

  3. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.113 自社商品の根本価値をお客様目線で考える
  2. 教養

    2013年7月号
  3. 不動産

    第60回 「 屋外廊下形式 」と「 屋内廊下形式 」のメリット及びディメリット
  4. 経済・株式・資産

    第104話 習近平氏が長期政権に執着する3つの思惑
  5. ブランド

    vol. 5「アピアランスは他者のため」クールビズのあのシャツは・・・
keyboard_arrow_up