menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

vol. 5「アピアランスは他者のため」
クールビズのあのシャツは・・・

ビジネスを一瞬で制する!一流グローバル経営者は知っている“社長の戦略印象リスクマネジメント”

海外メディアからも、2年後のこの時期に東京でオリンピックが開催されることが心配されるほど、災害レベルの気温を記録した日本。年の半分がクールビズ期間というのも今年は深くうなずけます。しかし、この期間のクールビズ・スタイルが、世界的にどのような位置づけかをどれだけの方が理解できているでしょうか? ビジネスパーソン、そして経営者として自らの頭で考え判断して装う事が出来ているか、まずここでご自分に問いかけてみてください。
今回は、そんなクールビズの装いの中でも、日本を外側から見る立場の筆者が不思議でならない、しかし日本では市民権を得てしまっている特殊なシャツについて注意喚起と解説をいたします。
 
その特殊なシャツとはこれ。
 
image001.jpg
 
クールビズが始まった年、「ネクタイをしなくても襟元がへたらない」「Vゾーンが寂しくならない」という理由で日本の市場に突如現れたかのような記憶のある、首元のボタンが縦に2つ(3つ)並んでいる「ドゥエ(トレ)・ボットーニ」のシャツ。
それに加え、ネクタイがなくても胸元が寂しくないように色ボタンが使用され、ボタンホールも色糸でかがられたものが沢山市場に出るようになりました。その後、ネクタイをせずとも襟がへたらないという理由で、そのボタン・ダウン・バージョンが増え、さらに普通の襟では飽き足らず、襟元から襟先までの距離が長く、ボタンでとめられた襟先にかけて首元から弧を描くようにふんわり盛り上がる、襟元に何らかインパクトのあるタイプまで登場。それが写真のものであり、今や多くの方が何の疑問も感じずに着用しているタイプのシャツです。
 
このドゥエ(トレ)・ボットーニのシャツ、実はニューヨークでは全く見かけません。そもそも私の記憶の中で、過去に遡っても目にした記憶が無いのです。不思議に思い、ニューヨークのハイエンドファッション・ビジネス業界でキャリアの長い知人(アメリカ人とイギリス人)に聞いたところ、このドゥエ(トレ)・ボットーニのシャツは「とても昔に一瞬あったけれど、すぐに無くなった」とのこと。その理由は不明ですが、アメリカ東海岸の中でもビジネスとファッションの中心であり、様々な国・人種の人がいて、非常にオーセンティックなスタイルを好む人が多いこのニューヨークでそのシャツが消えたということは、世界のビジネスシーン・スタンダードでは無いとお分かりいただけるでしょう。
 
商品とは人のニーズの中から生まれてきます。ですから、その国独自のものが数多く存在しているのは当然のことです。そして、現在日本で多くの方が着用しているこのシャツは、日本特有の用い方をされている物(大元はイタリアですが)。しかしグローバル・ビジネルに携わり、非日本人と接する機会がある方は、どれが自国の中でのみ通用するもので、世界的にスタンダードとなっているものが何か?を理解し、使い分けることは「相手との共通語で喋る」事と同じくらいに重要。相手との言語を超えたグローバルなコミュニケーションであり、国際舞台における共通認識の物差し、ご自身のビジネスとそれに大きな影響を及ぼすあなたの印象を決定させるモノとなるのです。
それらをすべて理解し、デメリットをも覚悟の上であえて着用するのであれば良いでしょう。しかし、あのシャツをきちんと‬‬着ることができている人を、私は見たことがありません。
 
では、世の中に出回っている写真の種類のシャツ。その「本来あるべき姿」と、クールビズ・スタイルの本来の目的とあり方、それをグローバル社会をも踏まえて解説いたします。
 
まず、あのシャツの本来あるべき姿とバランスを作るには「首が長い人が着る」、この一言です。前ボタンを‪開ければ襟元に空間ができて大丈夫と思って大抵の方は着ているのでしょうが、襟に首と顔が埋もれて溺れている、もしくは首にギプスつけているかのようで、見ている側が苦しくなってきます。また、一般的に体の厚みが薄く、肩幅が狭く(頭が大きく見え)、首の短い日本人男性にとって、襟元にボリュームのあるタイプのシャツは、バランスを取るのがとても難しいのです。‬‬‬‬‬‬
ネクタイを着用せず、一番上のボタンを外した時、襟元がへたるということにばかりに意識が向いて、それよりもむさ苦しい外見になっているというのは、頭隠して尻隠さず、本末転倒そのもの。また、それをビジネスシーンで着用しているという事は、ビジネスパーソンとしての読みの浅さの証明にもつながり、自らの弱点を晒す事になります。
 
あのシャツを槍玉にあげているように映るかもしれません。そう思われても結構なのですが、正しいドレスシャツではないということだけははっきり申し上げましょう。
 
理由は、
 1. ボタンダウンである事
 2. ボタンに色が付いている事(貝ボタンではない証拠)
 
その上、着られる人のタイプ(体型や骨格)が限られるということ。
 3. 身長が高い事
 4. 首が長い(せめて短くない)事
 
また、ビジネスシーンに必要なのは、「おしゃれ」でも、「似合う」でもなく「Appropriate(相応しい)」であることです。まさに仕事の結果を出すための文脈に沿った、任務としての外観が必要。服が目立つ必要は全くなく、否、目立ってしまったらいけないのです。ですから、前者2つがあっても、相応しさが欠けた瞬間、仕事力に影響が出るのです。
 
それだけでなく、今年の夏のように猛暑を超えて酷暑が続く状況では、襟が高く、首元に布が多く重なっている前述のスタイルのシャツを着用するのは、着ているご本人も辛いでしょう。見ている側にも視覚的に暑苦しさを感じさせて、着る側・見る側双方にとって、全く「クール(涼しさ)」な状況が存在しません。
 
今年の夏こそ本来クールビズ・スタイルの持つ最大の目的に立ち戻り、同時に国際的なビジネス・スタイルにも通じるものは何か?を、ここで今一度お伝えしましょう。
 
襟の高さが低く(高くなく)布の重なりが最小になる、すっきりしたセミワイドか広すぎないワイドスプレットを選ぶこと。これで襟元はスッキリし、ご自身で体感温度を下げることができる上に、世界に通用するビジネス・スタイルのカジュアルダウン・バージョンとなるのです。
 
日本人が国際人になる近道は、外国語を学ぶのと同時、否、それよりも先に、グローバルな非言語を身に付ける事。その非言語の一つが役割や場面、仕事の文脈に沿った「社会性・ビジネスとしてのアピアランス(外見)」です。しゃべる言語が違っても、非言語は瞬時に判断対象となります。
あなたのアピアランスとプレゼンスは「グローバル非言語」をしゃべっているか?が、非常に大事なのです。
 
繰り返します
「アピアランスは他者のため」
そして「ひいては自分のため」でもある事を加えておきましょうか。
 

vol. 4「アピアランスは他者のため」「Cool Biz」は「ビジネス・カジュアル」に非ず、「ビジネス・コンフォタブル」とすべし前のページ

vol. 6 名称が作るブランド・イメージとアイデンティティ伊ブランド「ヴェルサーチェ」名称訂正宣言とM&A発表次のページ

関連記事

  1. vol. 8 ネクタイ業界の苦難 〜今のご時世、ネクタイ購入で人が得たい成果と提供が望まれる効果ってなんだろう?と考えてみた〜

  2. 社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ C・・・カラー/襟元が決める男の顔つき―その1

  3. 海外目線の外見チェック -2年目のクールビズ-

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第117回 情報を発信する
  2. ブランド

    「リアル”Cool Biz”スタイル考 Vol.3」 -...
  3. マネジメント

    故事成語に学ぶ(11)糟糠(そうこう)の妻、堂より下さず
  4. 経済・株式・資産

    第97話 中小企業の粉飾決算(3)
  5. 人事・労務

    第21話 人材は募集よりも定着が重要
keyboard_arrow_up