menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第89回 吹上温泉(北海道) 『北の国から』であの女優も浸かった野天風呂

高橋一喜の『これぞ!"本物の温泉"』

■山の露天で朝風呂

 畑がまるでパッチワークのように見える丘陵と、ラベンダーなどの花が咲き乱れる風景が美しい美瑛から、標高2077mの活火山「十勝岳」に向かう。原生林の山道を縫うように車で上がっていくと吹上温泉がある。


 吹上温泉の一軒宿「白銀荘」のベッドで朝を迎えた。白銀荘は、近代的な設備を備える町営温泉施設。男女計8つの湯船があり、水着で入れる混浴の温泉プールも備えている。大自然の中にある施設とは思えないほどの充実した設備で、自炊できる宿泊施設も備えている。近年は「サウナの聖地」としても注目を集めている。


 普段の温泉旅では、チェックアウトぎりぎりまで滞在することが多いが、今回は朝7時半に目覚めると、すばやく準備をすませて8時にチェックアウト。実は、朝風呂が目的である。


 「白銀荘」から徒歩5分、車で1分のところに、無料で入浴できる「吹上露天の湯」がある。朝早くやって来たのは、朝風呂を楽しむという理由もあるが、混雑を避けるためでもある。実は、ここは北海道でも屈指の人気を誇る露天風呂だからだ。


 ドラマ『北の国から’95秘密』で田中邦衛と宮沢りえが混浴して以来、夏のベストシーズンや休日は入浴客でごった返すようになった。

 

■原生林を包む幻想的な朝霧

 十勝岳方面に車を進めると、右手に駐車スペースがある。20台近くは停められるだろうか。ここからは徒歩で露天風呂へと向かう。坂道を下りていくと、露天風呂が見えてきた。「吹上露天の湯」は、大小の湯船が1つずつあるが、小さいほうの湯船である。

 渓谷にせり出すようにつくられた湯船のロケーションに、一気にテンションが上がる。さらに坂を下っていくと、大きいほうの湯船が姿をあらわす。


 すでに先客がおり、老夫婦1組とおじさんの計3人が縁の岩に腰かけていた。大きいほうの湯船も、切り立った断崖の上につくられた岩づくりの露天風呂。20人近くは一緒に入れそうだ。


 露天風呂は混浴である。脱衣所はなく、湯船の近くに板が敷いてあるのみ。女性には少々ハードルが高いが、水着やタオル巻きはOKである。


 原生林に囲まれた開放感は、野趣あふれる露天風呂が多い北海道のなかでもトップクラス。幻想的な朝霧が、さらに雰囲気を盛り上げてくれる。


 泉質は、酸性‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉。無色透明の湯は、湯の花が舞う本格派。もちろん、100%源泉かけ流しだ。頭上の岩壁から湯がしみ出してきている。


 ちなみに、『北の国から』で放映されたときは乳白色の湯だったが、撮影のために白い入浴剤を投入したのだとか。泉温は47℃なので、少し熱め。露天風呂で冷めやすいとはいえ、入浴客は皆、最初は「熱い、熱い」と騒ぐ温度だ。


 しかし、一度浸かってしまえば、心身ともにキリリと引き締まる感覚が心地よい。みるみる目が覚める。朝風呂には、もってこいの湯である。

■噴火がきっかけで復活

 もともと吹上温泉は1897年に発見され、湯治場として賑わったが、泉温が下がってしまい、廃湯となっていた。この露天風呂は今は亡き旅館の一部だったという。その後は、登山客や地元の人のみが知る穴場だったが、1988年の十勝岳噴火で泉温が再び上昇。町が露天風呂を整備したところ、秘湯ブームにも乗り、現在の人気につながったのだという。


 このようなエピソードを聞くと、温泉は天地の恵みであることを実感させられる。近年では、温泉は地中深く掘るのが当たり前と思われているが、本来の温泉は、自然のリズムに合わせて湧出するものだ。


 私が浸かっている30分ほどの間に、見物客も含め10人以上が続々とやってきた。ゆっくりと湯浴みを楽しむのであれば、夜がオススメかもしれない。次回は、星空を見上げながら入浴を楽しもう。

第88回 河内温泉(静岡県) 露天派にもおすすめ! 日本一の総檜風呂前のページ

第90回 下呂温泉(岐阜県) 河川敷の「足湯」は日本屈指のロケーション次のページ

関連記事

  1. 第97回 湯之元温泉(宮崎県) 日本屈指の炭酸泉に龍馬もびっくり!?

  2. 第55回 湯めみの丘温泉(山梨県) 富士山を望む本物のかけ流し温泉

  3. 第90回 下呂温泉(岐阜県) 河川敷の「足湯」は日本屈指のロケーション

最新の経営コラム

  1. 第43話 潮目が変わった!賃金戦略に対する企業スタンス

  2. 185軒目 「とんかつ 檍 横浜馬車道店 @横浜市☆関内 ~コスパ抜群!!迫力ある林SPFのとんかつ」

  3. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年6月12日号)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第259号 隠れた「お手本企業」の工場見学会
  2. 経済・株式・資産

    第18回  退職金の効果的な受け取り方
  3. マネジメント

    第240回 社長として「組織の病」を診る
  4. 税務・会計

    第17回 財務数字を前年と比較して、次の手を打つ
  5. 経済・株式・資産

    第84回「ジュニアNISA始まる」
keyboard_arrow_up