menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第15回(技術の会得法を売る)「関口善大靴工房」

「社長の繁盛トレンド通信」

◆関口善大靴工房◆


技術の会得法を売る

 


 
世田谷の閑静な住宅街にある『関口善大靴工房』。店舗ではないため一見客はほとんど無いが、生徒が入りやすいように明るい一階物件を選んだ    靴作り教室は一回で2~3人を指導。自分の木型ができるため、一足作ると二足目、三足目と、リピーターになる人がほとんど
     
関口さん自身がデザインした靴の数々。ユニークなデザインが多いが、すべて歩き易さと履き易さを重視している
 
 
 社会が成熟すると共に、手作りの良さを残した商品に対するニーズが高まっている。
家具や洋服、靴、鞄などで、大量生産品にはない品質の高さと味わいが評価されているからだ。



 若い世代を中心に、"職人"に憧れる人が増えていることも、こうした流れの一つだろう。
とはいえ、人件費の高い日本で商品を手作りすれば、当然高額になってしまう。

 せっかく職人を目指しても、それだけを生業とするのは容易ではないわけだ。

  

  そんな中、靴職人・関口善大さんは、昨年25歳の若さで、
自らの工房『関口善大靴工房』を東京・三軒茶屋に立ち上げ、人気を博している。

  個人客からのオーダメイド靴の製造・販売だけではなく、業務の大きな柱となっているのが「靴作り教室」だ。
現在、月数足のオーダーメイド靴を手がける傍 ら、主婦や学生などを中心に、
常時20人の生徒に靴作りを教えている。
靴作り教室が、不安定なオーダー靴の売上げを補完する、安定収入として機能しているわけだ。



 関口さんは大学卒業後、専門学校で靴作りを学んだ、いまの若手職人の典型例だ。

 靴メーカーで企画デザインなども手がけた後、本格的に独立。
師匠から「靴職人として独立するのは至難の業だ」と教えられていたため、
当初から独立したら教室を開くことを念頭に置いていたという。



 靴作り教室は1日3時間で月4回、月謝は1万円(入会金2万円・材料費別)。

 素人には難しい型紙づくりは関口さんが手がけるため、入学すれば誰しも気軽に靴職人気分が味わえる。
そのうえ自分の好みと足型にあった理想の靴も手に入れられる。



 職人までいかなくとも「手作りを楽しみたい」という人は多いものだ。

 「手作り商品」の需要だけではなく、そんな「手作りを楽しみたい」という経験に対しての
需要をすくったことが、『関口善大靴工房』の勝因となった。
職人が生き残るためには、こうした「技術の会得法を売る」というスタイルは、一つの参考になるだろう。



 製造業に限らずとも「職人ワザ」は多々ある。
クリーニング店のアイロンがけ、喫茶店のコーヒー焙煎法、自動車やバイクの整備……。
これらを教室として展開すれば、「手作り」や「手作業」に憧れる別のニーズを掘り起こし、
厳しい状況を打破するチャンスが生まれるかもしれない。
(カデナクリエイト/箱田高樹)

◆社長の繁盛トレンドデータ◆

『関口善大靴工房』

住所 東京都世田谷区若林1-31-3

TEL 03-3487-2430 最寄駅 東急世田谷線若林駅徒歩3分

http://zendai.jp/

第14回(アイデアを練る前に全否定する)「ランキン・ランキン」前のページ

第16回(自分本位に考えがちなものほど、客観的に判断する)「あもう」次のページ

関連記事

  1. 第13回(不満の中にビジネス・シーズを見つける)「サロン・ド・サンク」

  2. 第45回(顧客のこだわりを手助けをする「味百彩工房」)

  3. 第69回 本で「遊ぶ」を見せつけて、1万冊の魅力を倍増 「松丸本舗」)

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第32回 「経験」することに貪欲であれ
  2. コミュニケーション

    第161回 「叱られ役を、引き受ける」
  3. キーワード

    第36回 『軍師官兵衛』に学ぶ生涯勝ち続ける法~信長・秀吉・家康が最も頼り最も...
  4. 人事・労務

    第134話 定期昇給を実施しない会社に明るい未来はあるでしょうか?
  5. 健康

    第19回 蔦温泉(青森県) 梅雨と蛍の時期に訪れたい足元湧出泉
keyboard_arrow_up