menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第二十四話 何か面白いことはないか(ソリッドアライアンス)

社長の口ぐせ経営哲学

「面白くて楽しい商品は売れる」を実践しているユニークな会社が、横浜市に本社を置く株式会社ソリッドアライアンス
同社はUSBメモリーを中心としたPC周辺機器メーカーであり、「面白く、役に立つ」新しい企画、コンセプトを製品化する
企業である。次々にヒット商品を出し続けてい る。


国内・海外メーカーと協力してユニークな製品を紹介するとともに、
自社開発で独自のコンセプトによる新製品を相次いで開発、発売している。
アヒル型USBメモリー「i-Duck」に続いて、すし型USBメモリー「SushiDisk」
(実物大の親指模型のUSBメモリー「イェ~イドライブ」)を発売、世界的なヒット商品になっている。


少数精鋭の社員スタッフは全員が企画担当者の自覚で常に企画を提案している。
河原邦博社長(41歳)はいつも現場に いて「何か面白いことはない?」「しっかり考えている?」と呼びかけている。


同社の商品開発のコンセプト、やり方はどこが独自性を持っているのか。
商品開発に当たっては、試作、量産までにかかる費用と時間、製品販売による損益分岐点を十分考え、
できるだけリスクを抑えた形で進めるようにしている。
「ハイテク+ローテク、オールド+ニュー、インターネットインフラ+リアルインフラ などの組み合わせによる
新製品開発の発案も面白い製品を作るために有効な視点です」(同社・広報担当者)


河原社長の経営哲学は「仕事は面白くないと意味がない。そのために私自身も含めて、“考え”、“努力”する姿勢を見せ、
どんどん仲間とともに、“ステッ プアップ”していくように心掛けています」という持論である。


また、経営方針は
「仕事を自分で作り出していくプロフェッショナル集団の育成と小さな会社のメリットを活かしたスピード経営」である。
ジャンルにこだわ らず、面白く、ユニークな役に立つ製品化に挑戦している元気な企業である。


同社がいま売り出し中の商品は、お化け探知機“ゴーストレーダー”を携帯用ストラップ用に超小型化した探知機である。
「ばけたんストラップ」というネーミングの商品。お化けの登場で五色のLEDで表現している。
同社のスタッフはアイデア豊富で、次々にユニークな商品を世の中に出している。
仕事を面白くすることに努力を続けている企業だからこそ商品も面白い。

          
                                                                            上妻英夫

第二十三話 手を抜くな、全力で尽くせ(麻原酒造)前のページ

第二十五話 現場から聞きだせ(スウィード)次のページ

関連記事

  1. 第五十六話 「最後の最後までジタバタ」(きもの川久)

  2. 第十八話 モノを考える3つの心得(焼津ミマツ)

  3. 第五十四話 「究極の顧客満足を目指す」(イワブチ)

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第61話 「利益の出る組織の5つの基本原則」
  2. ブランド

    <事例―13 テンピュールの「マットレスや枕」(B2BとB2C)>快適な睡眠を初...
  3. マネジメント

    第138回 『簡単なことは同時にやる』
  4. キーワード

    第98回 伊勢丹新宿店リモデルオープン
  5. 戦略・戦術

    第36回「いい会社・魅力カンパニーの作り方!?」後編
keyboard_arrow_up