menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第23回 トップの責任とは 殷の湯王の反省

経営に活かす“十八史略”

 あなたが企業のトップであれば、文天祥(ぶんてんしょう)や諸葛孔明(しょかつこうめい)、范蠡(はんれい)のような部下が欲しいでしょう。
 できればずっと自社に留まり、力を尽くして欲しいと考えるはずです。
 それにはあなた自身が魅力的でなければなりません。いったい、どのような点に気をつけて日々を過ごせば、あなたの魅力は増すのでしょうか。
 「十八史略」には、以下の話があります。
 貪欲、残虐な性格で、寵姫(ちょうき)の末喜(ばっき)と共に酒池肉林(しゅちにくりん)などという暴挙を行っていた夏(か)の桀(けつ)王を伐(う)ち、殷(いん)を興した湯王ですが、こんなことがありました。
 ある日、湯王が外出すると、一人の猟師が網を四面に張りめぐらして祈っているのを見ます。その祈りの言葉は、
 「天より降り来るもの、地より出で来るもの、四方より来るものは皆、わが網にかかれ」
 というものでした。湯王が嘆いていうには、
 「ああ、ひどい。これでは絶滅してしまう」
 そこで、その網の三方を取り除かせ、改めて祈って言いました。
 「左へ行きたいものは左へ行け、右へ行きたいものは右へ行け、わが命にしたがわない者だけわが網にかかれ」
 諸侯はこの話を伝え聞き、口々にこう言いました。
 「湯王の仁徳は偉大である。禽獣(きんじゅう)にまで及ぶとは」
 また、干ばつが7年も続いたときのことです。天文官が占っていうには、
 「これは人間をいけにえにして祈るほかに方法がありません」
 と。湯王は、
 「私が雨乞いをするのは人民のためなのだ。もし、どうしても人を犠牲にして祈れというのならば、私自身がその犠牲になろう」
 といって、飲食や行動を慎み、からだを洗って心身のけがれを取り、爪を切り、髪を断ち、白木の馬車を白馬にひかせてそれに乗り、身には白い茅(ちがや)をまとった死装束で、わが身を犠牲として桑林(そうりん)の野に行って雨乞いをしました。
 そのとき、6つのことでみずからの不徳を責めます。
 「私の政治が節度を失っていなかったか、
  人民が仕事を失い、苦しんでいなかったか、
  私の宮殿が立派過ぎていなかったか、
  後宮の女たちの頼みごとに応えすぎていなかったか、
  賄賂(わいろ)が横行していなかったか、
  ウソの告げ口をする者が多くなっていなかったか」
 この言葉の終わらないうちに、大雨が降ること数千里四方に及びました。
 このような徳の高さでもって人々の上に立ち、政治を行うのが王者です。
 この6つの視点を企業の社長に置き換えれば、

  ・マネジメントをきちんと行なっているか 
  ・社員のやるべき仕事を生み出しているか
  ・私腹を肥やしていないか
  ・好きな異性の言いなりになっていないか
  ・社の内外で贈収賄が行なわれていないか
  ・他人の悪口、陰口を言う者が増えていないか

 前の4つはまさに社長自身の行為の反省、後の2つは社長が悪影響を与えて出来た社風ということになります。
 日々、以上の諸点で自らをチェックする社長であれば、優秀な社員が離れることはないでしょう。

 

書籍 濱本克哉著 『孫子の兵法』 好評発売中
 

第22回 去ることで幸福に 范蠡の判断前のページ

第24回 過ちを悔い改める 重耳の失敗対応次のページ

関連記事

  1. 第5回 富の本当の活かし方1 財を残すな

  2. 第20回 利でなく義を選ぶ 文天祥の生き方

  3. 第28回 「柔よく剛に勝つ」 光武帝の戦争観

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第90回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方 10
  2. 後継者

    第84回 話し方トレーニング
  3. 健康

    第1回 経営者・リーダーにこそ「氣」が不可欠
  4. 社員教育・営業

    第134回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方55「自分ではできていると思...
  5. キーワード

    第62回 嗅覚センサー
keyboard_arrow_up