menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第62講 「帝王学その12」
却って密院に送与せよ。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学


【意味】

(この書類を元の発信部署の)枢密院に送り返せ。



【解説】
組織の中で一人一人の形成者意識が低下すると、次元の低い内部争いによる自壊作用が起こります。企業・政党・宗教団体などの崩壊原因も、この形成者意識の欠落が原因です。


掲句は「宋名臣言行録」の言葉ですが、内部抗争を未然に防いだ宰相王元旦(オウタン)のとった行動です。本講と次回63講では王旦、寇準(コウジュン)という2人の北宋時代の名宰相のエピソードが続きます。この二人は太平興国5年(980)の科挙という公務員試験の同期合格組です。

当時宰相であった王旦の宰相府から、寇準の枢密院へ文書が送られました。この文書に不備が見つかり、寇準は帝真宗に報告します。寇準の立場は枢密使、今でいう国防長官です。この寇準の訴えで王旦と宰相府の役人は、帝から直々に叱責を受けました。

しばらくして、今度は逆に枢密院から宰相府に送られてき文書に不備を見つかりました。宰相府の役人は、過日の汚名挽回と小躍りして王旦に伝えます。今度は相手の枢密院のミスを帝に報告し、雪辱を果たす絶好のチャンス到来というわけです。

この時王旦は部下に掲句の指示を与えます。次元の低い縄張り争いに同調せず、書類を送り返した度量は流石です。このような采配を「一事、器量を現わす」(巌海) といいます。



一方の寇準もなかなかの人物です。唯一剛直な性格が欠点で、これが災いし左遷されます。しかし返り咲いて名宰相になった実力者ですが、再び左遷されてその地で没しています。二度の左遷は、組織人の基本となる形成者意識に欠陥があったことが伺えます。


過去にも取り上げましたが「教育基本法」は、日本の若者をどのレベルの国民に育てるかという法律です。その第1条の教育目的に「教育は、人格の完成(自己能力)を目指し、平和で民主的な国家や社会の形成者として必要な資質(形成者意識)・・」とあり、形成者意識の教育が掲げられています。

法律的には、教育基本法の精神は全ての学校が尊重すべきものですが、現実には「形成者意識」の教育は手づかずの状態です。優秀な官僚にして名宰相の寇準であっても、修得が難しかったものですから、現代の我が国の教育レベルでは無理なことかもしれません。

この形成者意識の修得は、私の学園でも20年間にわたり試行錯誤して、やっとここ数年で実績が出始めた感がします。具体的には「個人力+クラス力+教師力」という3者教育を「トライアングル教育」と名付け、『良いクラス作りは、未来の良い職場作り』というスローガンを掲げて、機会あるごとにクラスの形成者と未来の職場の形成者意識を育てています。



「人間学は、幸せになるための学問」ですから、学んだ者が学んだ量に応じて幸せになるものです。職場でも学んだ者が多いほど低次元の争いは消え、職場品性が向上しますから、結果として職場の一人一人が幸せになります。

このことは、家庭・地域社会においても同じです。周りの人々を低次元の争いに巻き込まないためにも、「組織人の品性たる形成者意識」を養いたいものです。

 

杉山巌海

第61講 「帝王学その11」 流水の清濁は、その源に在るなり。前のページ

第63講 「帝王学その13」 卿はその美を称すといえども、彼は専ら卿の悪を談ず。次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長の大義と実践経営

    音声・映像

    社長の大義と実践経営

  2. リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

    音声・映像

    リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

  3. リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

    音声・映像

    リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

関連記事

  1. 第111講 「論語その11」
    巧言令色、鮮なし仁。

  2. 第123講 「論語その23」
    学びて、時に之を習う。また説ばしからずや。

  3. 第98講 「帝王学その48」
    君臣相遭うこと魚水に同じき有れば、海内安かるべし。

最新の経営コラム

  1. 第89回 賃上げしたら法人税の減税で取り返す!

  2. 時代の転換期を先取りする(9) 巧妙な権力奪取(源頼朝)

  3. 第147回 生成AI動画

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第172号 高等技術・技能をどう伝えるか~その5
  2. 経済・株式・資産

    第136話 遠のく中国の背中 道険しい日本のデジタル戦略
  3. マネジメント

    第76回 『時間のアナ』
  4. キーワード

    第44回 CES 2020
  5. 社員教育・営業

    第12講 お客様の言葉を、まともに受け止めない!
keyboard_arrow_up