menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

第162話 『すし道場桑名店』

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

桑名の蛤の名店『日の出』の食事をしていると、テーブルを担当している女将の義理の姉にあたる伊藤さんが「桑名は魚にうるさいので回転寿司でも、他のエリアとは違う」と。

 

蛤の握りはもちろん、蛤料理、焼き穴子や蝦蛄など近隣の地の食材が揃っているとのことです。そこでその回転寿司、『すし道場 桑名店』に出没してみることにしました。

立地は郊外の少し入ったところにあります、『すし道場 桑名店』は最近の回転寿司に多い、グレード感ある外観です。

 

まずは蛤料理から注文してみましょう。

焼き蛤はやはり身がふっくらしていておいしいです。

昨日の『日の出』は「凄い」としか言いようがありませんでしたが、こちらしか知らなければ、これで十分美味しいですね。

 

続いては蛤の餡の茶碗蒸しです。はずさなくおいしい一品です。

煮蛤の握りもしっかりツメがぬっていて、ほどほどの鮨屋で食べるレベルはあると言えます。

 

蛤の天婦羅も試してみましょう。

桑名の海苔で包んで揚げていた昨日の『日の出』とは異なりますが、味わいとしては『日の出』同様、蛤の旨さが閉じ込められています。天婦羅には揚げた素麺で飾り付けをしてボリューム感を出しています。

 

さて、握りも食べてみます。基本的に握りはデカネタです。

トロもまずまずの蛇腹です。

鰯、真鯛、白海老と食べました。

白海老は白海老だけでなく、揚げた白海老ものせてあり、プレゼンテーションがいいです。

蝦蛄は知多の小ぶりなもので、石狩湾のような甘さはありませんが、十分満足できます。

 

そして、最後に鉄火巻と焼き穴子をいきましょう。

焼き穴子は一本で提供され、インパクトがあります。東海エリアらしく、地焼きで香ばしく、これはこれでおいしいです。

平日でも人気なのはわかりますね。

 

すし道場 桑名店

三重県桑名市大字江場506-1

電話 0594-25-3111

第161話 じろうや介 @名古屋駅 ~ビタミン調整をせず刺しを入れる名生産者上田伸也氏の「但馬玄」の焼肉店前のページ

第163話 レンタルレストラン Kaeru studio @広島市南区次のページ

関連記事

  1. 73軒目 大阪名物!たこやきとシャンパーニュの『たこりき』

  2. 37軒目 いい鮨は心でつくる

  3. 第157話 味ん味ん 稲城矢野口店 @東京都稲城市 ~超絶な焼肉店

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第180号 アマゾン革命
  2. キーワード

    第39回 鉄道と大自然の町の《地域元気化》が出発進行! ~PFIによる全国初の...
  3. 社員教育・営業

    第29号 外部招聘社長のための全員営業の活用法【問題提起編】
  4. 税務・会計

    第98号 不正摘発現場
  5. 愛読者通信

    「多角化を成功させて、いい会社をつくろう」山地章夫氏(ヤマチユナイテッド代表)...
keyboard_arrow_up