menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

170軒目 「プチレストラン クルトン @出雲市斐川町~出雲空港近くのプチレストラン」

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

今回のお店は『プチレストラン クルトン』

久しぶりの出雲出張、夜はコロナもありましたので、5年ぶりの訪問となりました『プチレストラン クルトン』にしました。

洋食の定評のあるお店です。

 

もともと、ビストロをイメージしてお店を2000年7月に開業しましたが、当初つかみどころがなく、新規客獲得に苦労していたことから、私の事務所に電話相談がありました。

話を聞いて、店を知る機会、来店のきっけに問題がるのが集客を苦戦して原因でないか得意な料理はと聞くとオムライスだということなので、そのオムライスを昼の顔にして「オムライスがおいしい店」というコンセプトにすることをアドバイスしました。

その後、お徐々に、得意なハンバーグやコロッケなどの洋食メニューを広げ、組み合わせメニューを増やしました。

そして、お客様との人間関係ができたところで、予算を聞いて洋食のコースメニューもやるようになりました。

 

とても研究熱心で都心まで勉強に来ていて、夜のビストロ料理には人気があるようです。

 

『プチレストラン クルトン』は絵に描いたように「ランチェスター経営」のグー→パー→チョキと商品展開をすることができました。

 

『プチレストラン クルトン』実食レビュー

こちらが『プチレストラン クルトン』の外観です。

プチレストランらしくかわいい外観で女性に人気です。

 

メニューをみましょう。

そうそう、今回、コースの予約をしておくのを忘れました。

なので、前菜を盛り合せにしていただいて、海老フライと蟹クリームコロッケにしましょう。

 

前菜は生ハムサラダ、キッシュ、レバームースとリエット、鴨のスモーク、牡蠣のオイル漬けです。

 

蟹クリームコロッケは蟹の味わいがきっちりありおいしいです。

 

デザートはプリン。

こちらも人気メニューです。

 

予約しておいて人気カヌレを持ち帰りました。

蜂蜜とバターで焼いているそうです。出雲空港界隈では人気のようです。

 

プチレストラン クルトン
〒699-0642 島根県出雲市斐川町福富866−5
電話 0853-72-8092

169軒目 「鮨あさひ @五反田」前のページ

171軒目 「うな泰 錦店 @名古屋市中区錦 ~セルフの鰻店」次のページ

関連記事

  1. 92軒目 「化学調味料が無かったころの四川料理」

  2. 67軒目 「 “魚屋のイタリアン” 誕生」

  3. 182軒目 「ラ・ビエール @群馬県みなかみ温泉 ~みなかみらしいきのこのピッツァと名物のプリン」

最新の経営コラム

  1. #3 一流の〈御礼状力〉-相手の行動、仕草を伝える-

  2. 第154回 リバイバル!カセットプレーヤーに注目!

  3. 第50回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第22話 「乱世にチャンスあり」―2012年中国ビジネスへの視点―
  2. マネジメント

    「情けは人のためならず」は日本の天然資源。成功するギバーが持つ「他者志向性」とは
  3. キーワード

    第84回 Zoox(ズークス)
  4. 経済・株式・資産

    第29回 中小M&A増加の背景 
  5. マネジメント

    第332回【社長のリーダーシップ編⑧】「自責思考」のレッスン
keyboard_arrow_up