menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

5軒目 「きのこの魔術師レジス・マルコン」

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

「オーベルジュ・クロ・デ・シム」(フランス・サンボネ・ル・フォロア)
 

 今年発表のガイドブックでミシュランが三ツ星に昇格させた注目すべきレストランがある。それがレジス・マルコンのオーベルジュ・クロ・デ・シ ムだ。
 
shikumi5_01.jpg
 
 彼は自分自身が生まれ育った山間の風土が育む食材を活かし、年間70種類にものぼるきのこを使うマッシュルーム・コース(サービス料別160 ユーロ)で人口わずか180人というサンボネ・ル・フォロアを一躍有名にした。サンボネ・ル・フォロアというとリヨンから車でゆうに3時間もかかる場所に 位置する辺鄙な村だが、実に一日に140人もお客様が来店する。
 
 さて、何度か訪れているレジス・マルコンのレストランの経験から印象に残っているエピーソードをお話しよう。私の友人のワイン商滝沢章光氏と 訪れたときの話だ。お互いその秋二度目の来店なんで、アラカルトを頼もうと決めこんで食事の席につき、おすすめを聞いてみた。シェフと相談してくれたギャ ルソンがこう切り出した。
 
 「ある程度量が大丈夫でしたら、前菜にポワソンのオマールを、メインにペルドローという珍しい鳥があるのでどうか?」
 
「ウィ!」われわれは、彼の提案を受け入れた。
 
 テーブルの用意ができたようで、ダイニングへ向かうと、ダイニングを見渡せる良い席を用意してくれており、 まず、この地方のかぼちゃを使っ たポタージュが出てきた。ナッツのアクセントがいい。
 
「今日はシェフの力が入っている!」
 
とギャルソンが一言添える。
 
 二皿目のラングスチーヌとズッキーニのフリットの後、いよいよオマールが登場した!「美しい~」思わず、声を出したが、吸い込まれるような料 理とはこのことを指すのだろう。そこに濃厚なソースをかけてくれる。このソースが違う。こんなソースはいまだかつて食べたことは無かった。
 
 二ツ星以上は二度目の来店をした時に違いがわかるというが本当だった。
 
 さあ、いよいよ肉料理だ。ギャルソンが焼き上がりをみせにきた。並んでいる、二匹の小さな鳥はまさに食欲をそそる。一旦、引き上げて料理が提 供された。しかし、何かおかしい。なぜなら、提供された料理は半身分しかない。
 
 「やっぱり盛り付けると半分になるのかな・・・」でも、一口食べたらそんなこと忘れまう。何せうまいからだ。付け合せのポテトのガレットも、 ソースがからんだ温野菜もすべてが完璧。ぺっろと完食してしまう。
 
 そこへ内臓をミンチにしたタルトが提供される。苦味がうまい!
 
 しかし、これで終わりではなかった。三ツ星になる店は違う。違う皿、違う仕上げで、もう半身が提供されたのだ。確かに同じ味付けならボリュー ムは感じるが楽しめない。半分違う趣で調理するから、最後まで楽しめるのだ。三ツ星のシェフは本当に人の心を心得ていることを実感した。
 
 さて、今日の料理はきのこのデギスタシオンです。すべての料理にきのこを使っています。
 
いつものようにオマールとホタテが出ます。ヒラマツのイベントの時とソースが違っていました。今年はローズマリーの風味が流行のようで す。
 
shikumi5_02.jpg
 
shikumi5_03.jpg
 
そして、メインの鳩料理
 
shikumi5_04.jpg
 
そのあと、フロマージュブランがでて、デザートになります。
 
shikumi5_05.jpg

 

4軒目 「ユーモアのある高級ダイニング」前のページ

6軒目 「茅葺屋根の自然派レストラン」次のページ

関連記事

  1. 34軒目 “流行る店”ではなく”飽きない店”を

  2. 80軒目 地方の中国料理店でありながら、コース料理のみで勝負する店

  3. 96軒目 地方郊外で和食店が成立する条件

最新の経営コラム

  1. 第四十八話 会社を辞める理由のトップは現場の人間関係

  2. 第155話 今年5.5%成長の政府目標が絶望的

  3. 第226回 一言で伝える

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第174回 社長は「素直」が一番
  2. 戦略・戦術

    第67話 「得意先の倒産に備えよ!」
  3. マネジメント

    組織を動かす力(1)日本ラグビーを変えた男
  4. マネジメント

    逆転の発想(31) 忠義よりも家門を守れ(真田昌幸)
  5. 人事・労務

    第43話 上司の熱血指導で新人が辞めてしまった
keyboard_arrow_up