menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第67話 所有不動産に仮差押・差押をされたら…(4)

あなたの会社と資産を守る一手

所有不動産に差押をされることはそうあるものでもない。しかし、不幸にして差押をされた場合、その対応はその不動産に根抵当権・抵当権が設定されているか、いないかで異なる。
 
まず、それらが設定されていない場合、差押をしてきた債権者と交渉になるだけだが、根抵当権・抵当権が設定されている場合はその抵当権者・根抵当権者などにも、まずは状況を説明しなければならない。無剰余であろうとなかろうと債務者がこれをしないことによって期限の利益を喪失され、全額一括返済を要求されることもあるのだ。
 
仮に抵当権者・根抵当権者に何の説明もしないで放置すると、それが金融機関であれば下記のような約定書の第5条(2)の2に基づき、内容証明郵便が送られてきて期限の利益を喪失し、全額一括返済を要求してくるということもありえる。
 
itte67_01.jpg
(上記は 北洋銀行ホームページの銀行取引約定書 PDF 抜粋)
 
抵当権者・根抵当権者(債権者)とは緊密な連絡が必要なのだ。
 
そして、その差押をどうやってはずすのかについては、差押をしてきた債権者とカネで解決することになるが、これによって抵当権者・根抵当権者(債権者)である銀行などの期限の利益を喪失しなくてすむことになる。ただ、てごわいのは地方公共団体で、一度差押をつけたら、よほどのことがないと解除はしてくれない。一般的には支払が遅れた債務の全額返済が差押解除の前提となる。
 
ただし、一般的に、こんな場合でも無剰余不動産で、任意売買でその不動産を売る場合は、印鑑代としてカネを渡し、差押解除できることもあることだけは覚えておいたほうがいいと思う。

 

第66話 所有不動産に仮差押・差押をされたら…(3)前のページ

第68話 所有不動産に仮差押・差押をされたら…(5)次のページ

関連記事

  1. 第84話 会社が破たんする原因は資産にある(13)

  2. 第73話 会社が破たんする原因は資産にある(2)

  3. 第47話 融資が受けられなくなる「債務の状況」について

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    <事例―34 冨士製作所(B2B)>即席麺製造機械で世界シェアの約50%を誇る・...
  2. コミュニケーション

    第155回 「副幹事に指名される人こそ、気配りの達人だ」
  3. マネジメント

    日本型組織の弱点(2)「義理」という名のやっかいもの
  4. 不動産

    第30回 商品企画時点の設計者との打ち合わせで配慮すべき事
  5. キーワード

    第176回 NEWoMan(ニュウマン)
keyboard_arrow_up