menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第98回 『運をつかむ能力と勇気』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

角川春樹氏が、はじめて映画をつくり、出版界にて「文庫革命」と騒がれた時、
(文庫本の宣伝をメディアミックスで展開し、従来の文庫のイメージを一新させた)
インタビュアーの質問に、こんな意味合いのことを話していたのを、観た記憶がある。

……僕の映画のヒットは何が原因か?と訊かれます。いろんな要因があると思うけど、
     僕は、映画には、原作から俳優、スタッフまで、運のイイ奴ばかり起用するんです……


「いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難」という言葉があるが、
運とかチャンスとかは、長い一生の間には、誰にでも何回かは訪れてくるもののようである。

何が違うのかといえば、それを≪キャッチする能力と勇気≫だけ。
運がないという人も、ほんのちょっとの勇気とガッツで、幸運の女神が微笑もうというものだ。


私は、本質的に運命論者ではないし、家相・手相など一切信じない人間だが、
(ただし、人相学については多少納得できる面もあるが…)
確かに「運」にも、濃い薄いがあるようだ。

それで、「運を拓く」人のタイプを考えてみたところ、次のような、ごくあたり前のポイントが
浮かび上がった。
  1.努力タイプ
  2.思い切り・ふん切り・度胸タイプ
  3.人に好かれるタイプ
  4.明るいタイプ

だが、どうしてもツイていないと思うような場合、
角川氏ではないが強運(運に恵まれた)な人と付き合うのは、相手の強運の影響を受けて
自分の運も変化するので、それなりに賢明な処世術かもしれないと思う。


それでもダメな時・・・・・
あせらず自分を見つめて、実力を磨いているのがよい。

実力を蓄えながら、静かに運の周期を待ちたいものだ。

第97回 『携帯電話メモ術』前のページ

第99回 『動機づけ4つの「ション」』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第122回 『多くの転職は、負け始めである』

  2. 第164回 『忠告者は自分の財産』

  3. 第74回 『幸福源』

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第1回 卸売業の機能をうまく活用した秀逸なビジネスモデル「コスモス薬品」
  2. 経済・株式・資産

    第23話 事業の建て直しには、結果としての計数が必要
  3. サービス

    14軒目 「女性の心を掴んで離さないプチレストラン」
  4. ブランド

    晴れの場の装い方  知性と品格のドレスコード
  5. 経済・株式・資産

    第58話 今年は中国不動産バブルの転換点になる
keyboard_arrow_up