menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第15号 「サーモスタット効果(自動温度調節器)後編」  

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

では、一体我々のサーモスタット温度とは何時、何処で、誰によってセティングされたのでしょう?
その答えは幼児期に最も多くの時間を共にした人がキーパーソンになります。
多くの場合、母親、父親、教師、友達などがそうです。

"自分は違う、親は大嫌いで自分は反面教師にしてきたつもりだ"という人もたくさんいるでしょう。
しかし無意識のレベル、例えば話し方、動作、食べ方、人に対する考え方などはどんなに否定したくとも、
どうしても似てしまうケースが多いのです。

その様な状況の中で例えば親が子供に"お金って汚いのよ""お金を持っている人は悪いことしてるのよ"
"お金を持つと人間は悪くなってしまうのよ"などを繰り返し話せば当然、スポンジの心を持っている子供は
それらを信じ、吸収します。
本人が大人になっても気が付かない限りお金を所持することが"悪"という認識を持ち続け結果、
当然に経済的に自立した生活をすることができないのです。

自分はもっと高い目標を持ち、燃えるような人生を生きたいのは分かっているのだが、どうしてもできない。

なぜか?。。。それは自分の願望と自分のサーモスタットにギャップがあるからである。

もし、幼い頃に設定されたサーモスタットの温度を変えたい、という人がいましたら
是非自身に以下を問いただしてみてください。

1) もし、その温度を変えなかったら今から3年後には一体どうなっているでしょう?
一体どのくらいの損害を受け、自分の大切な人生の中で一体何を失うことになるでしょう?

2) それに対し、もしその設定温度を変えることができたら、
もし、その悪しき習慣を変えられたら一体3年後にはどうなっているでしょう?
一体どんな物、人間関係、どんな価値観を獲得することができるのでしょう?

このどちらかを選ぶかはあなたに選択権があります。
もし、どちらも選択しなければ子供の時に植え付けたサーモスタット温度が残念ながら一生あなたを
コントロールすることになります。

第14号 「サーモスタット効果(自動温度調節器)前編」前のページ

第16号 「ゴールをデザインする人 Vs 世間の価値にあわせる人」次のページ

関連記事

  1. 第75号「偉業の裏でのルーティーン(準備)」

  2. 第80号 スピードアップ!

  3. 第34号 「ルールを守る人VSルールを守らない人」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第79話 会社が破たんする原因は資産にある(8)
  2. 経済・株式・資産

    第8回  資産の色分けによる相続対策と資産管理 2 
  3. 戦略・戦術

    第176号 進化する「静脈物流」
  4. 健康

    第67号「Fake it till you make it ~現実になるまでだま...
  5. キーワード

    第66号 メゾン・ド・リーファー
keyboard_arrow_up