menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第62回(「イベントを出し惜しみしない 昭和浴場」)

「社長の繁盛トレンド通信」

 
 

 ◆昭和浴場◆ 


「イベントを出し惜しみしない」

 

客にマジックを披露するタジマジックさん。通常は、女性も見られるように、休憩室でおこなうことがほとんど

最寄り駅から徒歩10分ほどの住宅街に立地



   
よく見れば、煙突にも「マジック温泉」の文字が
 


東京・中野の「昭和浴場」は、最寄り駅から徒歩10分ほど離れた住宅街にある、小さな銭湯。サウナや寝風呂、電気風呂などの設備はあるものの、今となってはそれほど珍しくはない。
 

それでも客を集められる秘訣は、他の銭湯と同じ入浴料で、プロのマジシャンのマジックが見られることだ。実は、昭和浴場のオーナー、タジマジックさんは、今も年間500件のショーをこなすプロマジシャン。番台に座っている時は、客のリクエストに応じ、休憩室でマジックショーをしている。
 

実際に、筆者もマジックを見せてもらった。私が手に握った1000円札が5000円札に変わったり、渡した免許証がとじられた封筒から現れたり、トランプの束から指定した「黄色のマーカーで△を描いた7のスペード」が出てきたり…。ハイレベルなマジックが惜しみなく繰り出されていく。通常、タジマジックさんのショーを見るには、6000~12000円はかかるという。それが、ここに来れば、450円の入浴料だけで見られるわけだ。
 

休憩室でのマジックショーを始めたきっかけは、「自分が生まれ育った銭湯をなんとか繁盛させたい」と考えたことである。ご存じの通り、町の小規模な銭湯は、内風呂の普及やスーパー銭湯の台頭によって、客足が遠のく一方。昭和浴場も例外ではなかった。それに危機感を感じ、8年前に、先代のオーナーだった実父が亡くなり、跡を継いだのを機に、試しにマジックの披露を始めたそうだ。
 

その試みは当たり、多くのメディアで紹介されると、遠方からファンが集まるように。同時に、近隣の住民もマジック目当てに訪れるようになった。「自転車で来るお客様が多いのが、うちの特徴。『どうせ行くなら、マジックが見られる銭湯に行こう』となるのでしょう」(タジマジックさん)。また、若いカップルのような、今まで銭湯に来ていなかった層も集まるようになったそうだ。
 

人気の要因は、「プロのマジックが安い値段で楽しめる」ことはもちろんだが、「開催頻度が多く、思い立ったらいつでも見られる」こともあるだろう。タジマジックさんはたいがい番台にいるので、開催日はほぼ毎日といっていい。「せっかく来たのに、今日はやっていないのか…」と期待を裏切ることがないわけだ。
 

通常、イベントは、希少価値を保つために、開催頻度が少ない方が良いと考えられる。しかし、ネットや携帯端末の普及で、買い物でも映像の閲覧でもすぐにできる今、人は、「思い立ったらすぐ見たい」願望が強くなっている。そんななかでは、昭和浴場のように、頻度を増やして、いつでも楽しめる環境を用意した方が良いのかもしれない。開催する側にとっては楽ではないが…。出し惜しみしても良さそうなプロマジシャンが実行しているのだから、他の店のイベントならなおさらだろう。(カデナクリエイト/杉山直隆)

◆社長の繁盛トレンドデータ◆

昭和浴場
東京都中野区中央5-21-12
TEL:03-3382-2414(電話受付15:30以降)
営業時間:15:30~深夜1:30(金曜日は深夜3:00まで)
定休日:水曜日

http://www.tajimagic.com/

 
 

第61回(「九州料理専門店 新橋 有薫酒蔵」)前のページ

第63回(「超・地域密着で顧客の心を掴む ダイシン百貨店」)次のページ

関連記事

  1. 第81回 「ひとりで行きたくなる」サービスを提供する「ワンカラ」

  2. 第10回(初心者に親切にすることでマーケットを拡げる)「たんす屋」

  3. 第14回(アイデアを練る前に全否定する)「ランキン・ランキン」

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    日本型組織の弱点(3)愚かなる大将は組織を蝕む
  2. 不動産

    第76回 間仕切壁に手摺設置や家具転倒防止金物設置用の下地が必要
  3. 人事・労務

    第135話 業績悪化時の総額人権費の削減を考える
  4. 社長業

    Vol.104 「命脈を、更に一回り太くする」
  5. 税務・会計

    第87号 BS「格言」 其の三十三
keyboard_arrow_up