menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

リーダーとは『当たり前基準』を上げ続ける人(角田識之の社長学2.0 8月22日号)

朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳

お前は未来にお返ししなさい

昨日、尊敬する上甲晃先生の「第6回国家100年の計」イベントに参加。

壇上の6名の松下政経塾出身の政治家に対して、政治家としての信条が問われた。

表現は微妙に違うが、概ね一緒だった。

「政治屋は次の選挙のことを考え、政治家は次世代の幸せを考える」

参議院議員の中田宏さんは、「全ては次世代のために」と言い切られた。

信条とは、譲れない価値観、このことのためなら命を燃やして悔いがないこと。

信条や価値観に基づいた言動一致が、信用を生む。

臥龍の価値観は、母との関係から生まれた。

極貧乏で育った臥龍、ある程度稼げるようになった30代、母への親孝行として、家を建てようと提案した。

しかし母は、「お前には何をしてやれなかったんだから、家は要らない」。

その後も、お金や物で親孝行しようとしても泣いて拒絶。

そして言われたのは、「お前は未来にお返ししなさい」。

「未来?」、これは何だ?

悩んでいると言葉の引き寄せが起こった。

「子どもは未来からの使者である」(インドの詩人・タゴール)

そうか、子どもたちの自立支援が未来へのプレゼントになるんだ。

そこから「幸福度を上げる経営の支援」「志授業」「幸せ家訓カード」「感動物語コンテスト」「ワールドビジョンへの参画」「台湾との友情の絆創り」などが生まれた。

「何故、臥龍先生は、そのような儲からない、苦労ばかりのことされているんですか?」と、よく聞かれる。

答えは、「母との約束」だから。

次のページ

1 2

3

4 5

「見つめるものが変わると行動が変わる」(角田識之の社長学2.0 8月18日号)前のページ

「意図してアイコンや決めセリフを創ろう!」(角田識之の社長学2.0 8月28日号)次のページ

関連セミナー・商品

  1. 顧客との強いキズナを武器に戦う経営

    音声・映像

    顧客との強いキズナを武器に戦う経営

関連記事

  1. 会議出席とは、座ることではなく発言すること(臥龍の業績アップ通信 11月1日号)

  2. 「見つめるものが変わると行動が変わる」(角田識之の社長学2.0 8月18日号)

  3. 臥龍の業績アップ通信(2023年11月22日号)

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 新技術・商品

    第54回 人は過去の名声にとらわれない
  2. マネジメント

    逆転の発想(24) 組織改造は人事から(鉄道院総裁時代の後藤新平)
  3. 仕事術

    第56回  「IoT」で広がるビジネスチャンス
  4. 人間学・古典

    第66講 「帝王学その16」 酒を飲むは人の苦情なり。君を欺くは臣子の大罪なり。...
  5. 採用・法律

    第66回 『不妊治療と仕事も両立させる』
keyboard_arrow_up