menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

「見つめるものが変わると行動が変わる」(角田識之の社長学2.0 8月18日号)

朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳

「AIはビックデータで決断し、人間は勘で決断する」

AIは答えがあることに答えを出すのが大得意。

逆にいえば、「答えがない問いに答えを出す」のが人間らしい仕事。

どの学校に進学した方が、自分の得意が伸ばせるか? 入学してみないと分からない。

どの会社に就職した方が、自分の得意が活かせるか? 入社してみないと分からない。

どの人と結婚した方が、幸せな家庭が築けるか? 結婚してみないと分からない。

これらは最終的には「勘」で決めざるを得ない。 では「勘」が当たるにはどうすればいいか?

日々、自らの「意思決定」の場面で逃げないで決める。

その結果が「良かった」か「悪かった」かも「意思決定」し、次に同じ場面があったらどう「意志決定」するかを決めておく。

ケンブリッジ大学のバーバラ・サハキアン教授の研究によると、私たちは1日に最大で3万5,000回の決断を下しているそうだ。

コーネル大学のジェフェリー・ソバル教授らの調査によると、食べるものや食べる場所といった食事関係だけでも、人は1日に2,267回の決断をしているそうだ。

昨夜、友人たちとあるレストランを利用した。

「食後、何を飲まれますか?」と聞かれ、見事に6人がそれぞれ別のドリンクを注文した。

皆さん、しっかり自己実現の道を歩んで来られた方々だ。

それは、こういうささやかな場面でも出る。

「同じでいいです」はない。

仮にあったとしても、自分の中では明らかに判断基準があっての「同じでいいです」だ。

日常の「意思決定」場面で逃げない。

「意思決定」し、検証し、次の同じ場面での「意志決定」を決める。

この無数の訓練が「勘」を磨き、大きな事柄を決めるときに威力を発揮する。

決められたことをこなすことが優秀であったとしても、リーダーとして優秀とは限らない。

リーダーとは、日々、答えのない問いに答えを出さないといけないからだ。

次のページ

1

2

3 4

「迷わず止まらず一気に高速仕事」(角田識之の社長学2.0 8月14日号)前のページ

リーダーとは『当たり前基準』を上げ続ける人(角田識之の社長学2.0 8月22日号)次のページ

関連セミナー・商品

  1. 顧客との強いキズナを武器に戦う経営

    音声・映像

    顧客との強いキズナを武器に戦う経営

関連記事

  1. 臥龍の業績アップ通信(2023年11月14日号)

  2. 『厳愛と慈愛』であって『慈愛と厳愛』ではない

  3. リーダーとは『当たり前基準』を上げ続ける人(角田識之の社長学2.0 8月22日号)

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第128講 「論語その28」 君子は 器ならず
  2. マネジメント

    人の心を取り込む術(1) 心を攻めるは上策、城を攻めるは下策(馬謖)
  3. 人事・労務

    第60話 超過勤務の割増賃金には手当も含まれます
  4. 健康

    第16回 言葉をかみ砕いて「伝える力」を磨く
  5. キーワード

    第20回(お客のこだわりを顕在化する)「スモーカーズ・パラダイス楽煙堂」
keyboard_arrow_up