menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第56話 「お客様に奉仕する、企業に奉仕する」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

 私心、私事を第一にするのではなく、働く職場についたならば企業の考え、お客様に奉仕することを第一に考えて行動させる社風づくり、こういうことを社長として社員に理解させることが出来るかどうか、それが「稼ぐ組織」の第一条件であると考えます。
 
 そして、それはまず社長自身が、滅私奉公で働いているかどうかで決まるのではないでしょうか。
 
 社長が私利私欲に凝り固まって、社長個人のご都合が、市場(お客様)にも、会社にもすべてに最優先するようでは、お話にならない。会社の利益は全部自分の利益だと考え、そのおこぼれを社員に渡してやるという考えでは、社員が滅私奉公するはずもないし、組織として利益を稼ぎ出す力も生まれない。あまりに当たり前のことです。
 
 私がこう言うと、ほとんどの社長が「私はそれほどお粗末じゃない」と仰ることでしょう。しかしこれまで多くの経営者にお会いしてきて、「我が社は顧客や市場の為に何が出来るのか、社長業に徹底的にのめり込むことにより立派に自己実現を果たしている」つまり「自分の会社に滅私奉公している」と自信を持って言い切れる社長がいったい何人いるのか疑問に思っているのです。
 
 ご自身の事業経営に人生をかけて悔いを残さないためには、社長として「何の為にこの商売・事業をするのか」そして「何の為に金儲けをするのか」ということを、まず念頭においておかなければ、社長として滅私奉公など出来ないのです。
 
 同時にそれは経営理念でもある。理念なき経営では従業員はついてきません。
 
 利益を出す前に、理念を確立する。いつの時代も、社員の鼻先にニンジンをぶら下げて、金銭だけの動機づけでやっている会社があるが、そんな会社が10年持ったためしがない。
 
 理念がないから金儲けのためには手段を選ばずになってしまい、はじめは伸びるが、必ずどこかでつまずいて長い繁栄が続かないものです。
 
 アメリカの経営はドライだとか何だとか言われるが、優秀な経営者はまったく違います。宗教観に根ざした使命感とでもいうか、それを経営理念としている人が多い。高度な顧客満足サービスで有名な百貨店のノードストロームに社長の例を出すまでもなく、毎週、教会に行く社長が当たり前だ。
 
 勿論、毎週教会に行くから敬虔な宗教家だと言うつもりはありません。しかし日本は勿論宗教観が違うから一概に言えないが、毎週神社やお寺にお参りに行く社長が何人いるでしょうか。年に数回のご先祖様への墓参りだって、この頃は怪しいものです。
 
 社長にないものを、社員に求めてはいけないし、得られるはずもないのです。
 
 教会に行く人は懺悔に行くのです。神社に行く人は願い事ばかりで欲深いのです。神社のお参りは感謝を表しに行くことが正しいのです。
 
 社長の、使命感に裏づけられた経営理念と滅私奉公の労働価値観こそ「稼ぐ組織」づくりの基礎として、心していただきたいものです。

 

第55話 「今年は借金を返して、金利を下げよう」前のページ

第57話 「社員が燃える組織について」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

    強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

  3. 9巻 会社の病に効くクスリ

    9巻 会社の病に効くクスリ

関連記事

  1. 第18話 企業永続のために

  2. 第42話 「良い投資と悪い投資」

  3. 第158話 回収サイトを縮めなさい

最新の経営コラム

  1. 第190話 少人数私募債を活用しなさい

  2. 第18話 テレワーク業務を評価するにあたっての課題と対応

  3. 第225回 「すいか泥棒」にはなるな

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第18号 実践!減量経営
  2. 社長業

    Vol.89 「社長が社員に与える「最高の報酬」とは」
  3. マーケティング

    第11話 「お客さまから選ばれるために」
  4. 人間学・古典

    第83講 「帝王学その33」 道を学ぶこと三十年。得るところのものは、平生怨悪な...
  5. マネジメント

    逆転の発想(43) 柔軟な対応こそ真の一貫性(中曾根康弘)
keyboard_arrow_up