menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第55話 「今年は借金を返して、金利を下げよう」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

 新年 あけましておめでとうございます。
 
 本年も日本経営合理化協会のセミナーでではお世話になりますが「企業繁栄に奉志」すべく新しい情報を発信したいと思っております。
 
 さて、本年は兔年であります。うさぎは坂を昇るのには得手であるが、下り坂はからっきしダメであります。
 
 本年はどう考えてみても日本の経営環境は下り坂である。こんな年に兔年とは縁起でもありませんが、12年に一度は巡ってくるので仕方がありません。
 
 このような年は、どうしたらいいのか考えてみましょう。
 
 やはり昨年も申し上げましたが、日本の銀行には金が余って仕方がありません。理由は、日銀が紙幣を印刷しては市中銀行に持っていくし、市中銀行には国民が不安であるから預金を積み、借りてくれるはずの企業は経営コンサルタント井上和弘の言葉(?)を信じて返してばかりだし、新たに工場や機械を据え付けてまで行う新規事業が見当たらないので、お金が銀行内には余りますね。
 
 これを過去には米国や欧州へ持って行っていましたが、各国がフラフラ、ふらつきはじめていますし、昨年は円高になり、為替損が発生してひどい目にあいましたね。
 
 本年も借りなくてもよい借金を金利の高い順に返して下さい。長短有利子負債を返して下さい。次に、抵当権として差し出している不動産担保を抜く交渉をしてください。それと同時に個人保証を抜いて下さい。これをまず実現してみてください。気持ちいいですよ!
 
 そして、次に新たな借入金を起すなら数行と新たに交渉してみてください。
 
     ・無担保、無保証
 
     ・長期であろうと短期であろうと年利0.5%以下で
 
 この2つを実現できるように努力してみてください。
 
 本年は金が余り、可能になる一年です。
 

 どうすれば可能なのか、具体策は、今月、中経出版社より「社内埋蔵金をお金にする知恵」を出版いたします。
 
 皆さんのどこの会社にも眠っている経営資産を掘り起こし、使える金(キャッシュフロー)の生みの出し方を伝授いたします。ぜひとも、ご参考ください。
 

「今年の景気」とかけて
 
「医者の往診先」ととく
 
整いました!
 

「悪い処ばかり」

 

第54話 「本年利益が出る企業は、 特別損を出し節税を考えよ」前のページ

第56話 「お客様に奉仕する、企業に奉仕する」次のページ

関連記事

  1. 第13話 「後継者に金を貯めさせよ」

  2. 第43話 「続・良い投資と悪い投資」

  3. 第6話  「高額退職金を受け取り会社に貸し付けよ」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第97話 賞与を公正に配分するためには成績評価が必要です
  2. 教養

    2014年10月号
  3. マネジメント

    第72回 毒にも薬にもなる“SNS”をどう使う?
  4. 戦略・戦術

    第284号 令和時代の消費を牽引する「5s」とは
  5. キーワード

    第58回 《日本に勝利をもたらす外国人選手・ハーフ選手の活躍に注目》~外人なら...
keyboard_arrow_up