menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第86話 今こそ価格維持力が問われる時代

強い会社を築く ビジネス・クリニック

価格維持力をつけよ!
 
政府はアベノミクスの三本の矢を放ち、デフレ解消、インフレ化への経済環境を作り出すでしょう・・・
 
円安―デフレ政策は、原材料の価格アップ、人件費のアップに加え、消費税の影響を受けて、コストアップになることは間違いのない事でしょう・・
 
我々、経営者は、正当な理由を申し述べ、販売価格の値上げをお客様にお願いしなければならないでしょう・・
 
販売価格を上げても、販売数量は落ちなければ結構なことですが、数量はダウンするばかりか、お客様がいなくなってしまう事も予想されるのです。
 
来る日も来る日もコストダウン、コストダウンだけでは企業自体が持たないのではないでしょうか?
ですから、毎日毎日が「価格維持力」を企業につけるべく、平素から企業努力をするべきであると私は、申し上げているのです。
 

今、叫ばれている言葉に「知的財産」というのがあります。
発明、品種の特許・実用新案権、ブランド忠誠心たる意匠・商標権、著作権などをより多く持った企業になれと言っているのです。
 
我ら中小企業にそれらを産む人材を抱えられるような、金と余裕は、なかなか ありませんので、遠い会社の事と諦めてはいませんか?
 
私は、毎年毎年、同業種同規模の会社を見比べる仕事をさせていただいています。「価格維持力」で、値上げを通せる会社と価格交渉中に中折れする会社が存在します。
 
価格を通せる会社は、今も昔も同じです。
 並外れた技術力を持っている
 並外れた独自のサービス力、納期力をもつ
 並外れたシステム力を持っているのです。
 
朝は9時まで連絡がつかず、6時以降は退社して社員はおらず、土・日・祭日はまったく連絡もつかない。
経済は24時間、365日 動いているにもかかわらず、サービス力、コンサルテイング力(相談力)、正確性、スピード性の欠如している堕落企業がゴマンと発生しています。
 

平素から、お客様が常にその企業に満足しているかどうかであります。
昨日まで満足していても、今日、満足するとは限らないし、明日は変わっているのです。
 
「えっ こんな商品だったっけ! すごい!」
 
『感動』を売るのです。
『感動』とは、常に顧客の期待値を超える『値打ち』を付けるのです。
 

見飽きない
食べ飽きない
聞き飽きない
読み飽きない
何回でも読みたい、聞きたい、食べてみたい、着てみたい、使いたい、付き合いたいという売り物が存在することが価格維持なのです。
 
企業ノウハウは、目に見えず、知的財産の類ですが、金額としては現わせません。
価格を守り抜く、値上げをしてでも買っていただける価格支配力、プライスリーダーたる企業体質に出来るかどうかなのです。
売るも、買うも「綱引き」であります。
いつもいつも相手に引きずられ、負け勝負をしたくはありません。
「綱引き」に勝てる企業内には、毎日毎日の力を蓄積する挑戦項目があるのです。

 

第85話 息の長い 潰れない企業をめざせ!前のページ

第87話 悪い兆候にすばやく「畳む 削る 変える」の行動を!次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 9巻 会社の病に効くクスリ

    9巻 会社の病に効くクスリ

  3. 井上和弘の経営革新全集 全8巻

    井上和弘の経営革新全集 全8巻

関連記事

  1. 第60話 「稼ぐ組織」にするには何が一番重要か・・

  2. 第46話 「倒産の真因」

  3. 第12話 「相続対策は、どこに相談するのか」

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.27 お客様は「お金持ち」それとも「貧乏人」?(2)
  2. 戦略・戦術

    第11回 日本人の特性にあった継続経営チェックポイント
  3. 経済・株式・資産

    第52話 会社が倒産しても社長の個人信用情報に傷をつけたくないなら…
  4. 税務・会計

    第5回 金利を下げる交渉をしなさい!
  5. 健康

    第77号「脳を知っている人ほど」
keyboard_arrow_up