menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第85話 息の長い 潰れない企業をめざせ!

強い会社を築く ビジネス・クリニック

息切れしない方法
(1)無理をしていることを断つ
(2)早く問題を処置する
(3)今 潰れるとしたら何が原因で潰れるのか
(4)強引に正常な状態に戻す
 
アベノミクス効果でまるで景気が良くなったように言われています。
デパートの高級品が、さも売れているように新聞は報じていますが、作為的な事も多く、真実かどうかわかりません。
 
株価が上がり、資産デフレで資産が含み損を持っていて、マイナスを塩漬けにしていた株価が上昇し、利益が出ているわけではありませんが、含み損が少なくなっているので、気分が少し良くなった感じになっているのでしょう。
 
私の関係先の輸出関係でも、儲かる企業は少なく、返って円安で海外材料が高騰して困っている方が多いです。
 
 
一年頑張って どうやら黒字にはしたものの、来年度には、もう少しよくなる兆しをしっかりと感じとることも出来ずに、今も努力を続け辛抱している。
まるで子供の潜水競技のようなもので、苦しくて、苦しくて仕方がないが、競争相手もそうであろうと励ましてきました。
 
東日本大震災関連は、景気はよくなっているようですが、アベノミクスの言葉に乗っかって、調子に乗って無理をするとたちまち息切れを起し、倒産する企業も発生するでしょう。
大切なことは、息切れをおこさないことです。調子に乗って、走り出して息切れをしない事です。
 
生きながらえる方法は、
1、企業が無理をしていることを発見することです。
  借入金の多さ、売掛金の多さ、発行手形、受取手形の多さ、在庫の多さ、
  人の多さ、人材の少なさ、平均年齢の高さ
 
2、無理や無駄を早く処置することです
  いつかよくなる、春が来ると思わず、厳しい手段を選び、痛みの伴うこと
  には早く手を下す事です。見栄などなくして処置すべきです
 
3、常に標準枠、わが社の枠を定める線引きを決め、その枠内に経費、資産を入れ込むことです。
 
私は、いつも整理ダンスの引き出しをイメージしつつ、経営資産の引き出しの大きさをイメージしています。
溢れるばかりにモノを入れ、締まらない引き出しの使い方をしている人は、整理整頓が出来ずに、無駄を放置して外面ばかり気にする人物です。
いい恰好をして経営をしない事です。
 
息切れをしない、息を整えて、息の長い経営を実践することです。
経営雑誌では、経営者の成功美談が語られますが、決して、羨望の目で見ない事です。
人生最終章まで、それが続く保証はありません。ぱっと見事に花が咲くより、息切れしないで長い経営を続けることです。
 
息切れをしないとは
(1)無理をしてつま先を出して立つことをやめ、かかとを地に着けることです。
(2)わかっている問題に手をつけ、早く処置をすることです。
(3)今、潰れるとしたら何が原因で潰れるのか、常に考える癖をつけることです。
(4)異常な状態で情を引きずり、無理して続けることなく、
  正常な状態に強引に戻すことです。
 
長い人生には、生きていれば、良い出来事にも出会えます。

第84話 TPP問題、私は賛成者なのです前のページ

第86話 今こそ価格維持力が問われる時代次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 井上和弘『経営革新全集』10巻完結記念講演会 収録

    音声・映像

    井上和弘『経営革新全集』10巻完結記念講演会 収録

関連記事

  1. 第41話 「TIBORで銀行金利率を下げよ!」

  2. 第123話 自社独特の合理化を実践しなさい

  3. 第67話 「得意先の倒産に備えよ!」

最新の経営コラム

  1. 第120回 新NISAって何?

  2. 第111回 尾張温泉(愛知県) 毎日入りたくなる市街地の名湯

  3. 時代の転換期を先取りする(8) 武士の時代を開く(源頼朝)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2013年3月号
  2. 社長業

    Vol.89 「社長が社員に与える「最高の報酬」とは」
  3. マネジメント

    第168回 『 動く組織、動かぬ組織』
  4. 社員教育・営業

    第90講 なぜ『ケーキやパンに髪』の偽クレームを約7000回も繰り返すことができ...
  5. ブランド

    企業の顔・社長の成功顔秘訣vol.3 -口元-
keyboard_arrow_up