menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

不動産

第48回 戸建のモデルハウスは参考です…程度にする事。

売れる住宅を創る 100の視点

今回はフェーズ8の「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の中の第3項目である『 戸建のモデルハウスは参考です…程度にする事。 』に関してのお話を致します。

前回はフェーズ8「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』4項目の最初である2番目に大切なポイント、『 モデルルーム住戸がティピカルタイプ住戸でない場合は注意が必要。 』のお話を致しました。「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』で2番目に重要なのは『 モデルルーム住戸がティピカルタイプ住戸でない場合は注意が必要。 』です。前回のおさらいを致しますと「 モノづくり 」の重要な事は「 戸建団地 」や「 分譲マンション 」を分譲致します時に、往々にしてモデルハウスやモデルルームがティピカルタイプ住戸ではなく、一番見栄えの良いモデルハウスでマンションの場合ではかなり広く見栄えの良い住戸タイプを購入予定者に見せ、売買契約に結び付けている事に警鐘を鳴らせました。この事は入居しました顧客と結構トラブルが発生しておりますので、顧客に誤解を与え売主の信用を落とさない様にする事が大切だという事をお話致しました。

ちなみに、再度おさらい致しますと「 ティピカルタイプ住戸 」とは、「 戸建団地 」や「 分譲マンション 」の商品計画時点にコンセプトを作成致します。このコンセプトに基づいた代表的な間取り住戸で、一番戸数が多い中住戸タイプの事です。

さて、前回と同様に今回も建築家の私が最も得意とする「 モノづくり 」の「 こだわり 」についてのお話を致します。

このコラムで、いつも申し上げていますが、準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーにとってはこれから分譲予定物件の「 モノづくり 」はとても重要で良い商品を作り続けますと売主の会社の信用も高まり不動産業界で有名な「 ブランド 」にもなります。ですので、今回のタイトルは「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の第3項目である『 戸建のモデルハウスは参考です…程度にする事。 』と致し今回は特に「 戸建 」に関してのお話に致しました。今回も私が手がけました今迄の建売戸建等の設計業務の経験に基づいた大切なお話です。準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの方々に『 戸建のモデルハウスは参考です…程度にする事。 』の重要さを具体的に御説明させて戴きます。

毎回、申し上げていますが、私は2000年に体調を崩し「 東急設計コンサルタント 」の設計部長を辞し退職致しました。そして、2002年に「 碓井建築オフィス 」を設立し、現在までに十数社の準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの分譲マンション、建売戸建や戸建団地等の商品企画のコンサルティングや設計監修を数多く行っています。また、購入者向けに「 購入相談 」「現地同行チェック」や「 内覧会同行チェック 」も行っていますので購入予定者や購入者の生の声を沢山聞いており、このコラムに反映させています。

これらの業務や経験を踏まえて、準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの商品企画部門のメンバーの方々に申し上げたいのは、今回もこれから販売する商品にかかわる重要な事柄ですので、商品企画部門のメンバーの方々のみでなく販売担当の方々にも是非御読みいただきたい大切な内容だと言う事です。

今回の「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の中の、第3項目である『 戸建のモデルハウスは参考です…程度にする事。 』も非常に大切で何度も申し上げますが、会社の信用にかかわる事です。私が建売戸建団地やハウジングパークに戸建住戸を見学に行きますと、戸建団地では一番広くプランが良く、日当りも良い住戸をモデルハウスにし、ハウジングパークではどのハウスメーカーも一番広くプランが良く見栄えの良い住戸を建てて見学させています。特に問題なのは、建売戸建団地のモデルハウスなのです。建売戸建団地は団地の面積が広い場合は住戸数が30戸以上有り、その中の一番良いプランで日当たりの良い住戸をモデルハウスとして1棟のみ建ててオープンハウスとして、来訪者に見せています。

来訪者は他の区画に建つ住戸も、モデルハウスとほとんど同じだと想像してしまう事が問題なのです。ですので、ここで大切なのはその一番良いモデルハウス以外に標準プランで標準仕様のモデルハウスを3~4棟程建ててオープンハウスとして来訪者に見せるべきだと思います。

そして、一番良いプランで日当たりの良い住戸をモデルハウスと、標準プランで標準仕様のモデルハウスとのメリット・ディメリットを丁寧に来訪者に説明する事です。

一番良いモデルハウスはかなり工事費が高く、販売価格も高いので、購入できない方には「 参考程度に御覧下さい。 」と言って、標準プランで標準仕様のモデルハウスの良さを説明されると、販売員及び売主の信用は一気に高まります。なお、戸建のモデルハウスを作る場合は、一番良いプランで日当たりの良い住戸と、標準プランで標準仕様のモデルハウスは絶対に全ての居室にエアコンの室内機と屋外機は設置する事も大切です。標準プランで標準仕様のモデルハウスを3~4棟程建てる事の大切さは、住戸が実際に建っておらず図面売りで販売し、入居後居室のエアコン屋外機置き場が無いと言った、とんでもない事にならない為にも寄与致します。

具体的に申し上げます。特に1区画が狭い土地に住戸を設計する場合は必ず設計時点で居室に設置するエアコンの屋外機置き場の想定位置を決めておきませんと、後々隣戸からクレームがくるケースも多いのです。更に2階の居室のエアコン屋外機置き場の確保も設計時点で想定位置を決め屋外機置き場を設置すべきです。

準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーのほとんどの会社はそこまでの気遣いが無いので、この様に致しますと同業他社との差別化が図れ、売主の信用が増し、良い「 ブランド 」が形成されていきます。不動産事業で一番大切なのは売主の信用です。何度も申し上げますが、信用を落とすのは一瞬ですが、再度築くには最低10年はかかります。肝に銘じて下さい。

次回は今回と同じフェーズ8の「 モノづくり 」第1項目の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の第4項目である『 モデルルームやモデルハウス完成後、直ぐに「検討会」をして修正工事をし、オープンする事。 』に関してのお話を致します。次回も期待して戴ければ幸いと存じます。


 


                                                                                                                 
                                                                                                                                   

第47回 モデルルーム住戸がティピカルタイプ住戸でない場合は注意が必要。前のページ

第49回 モデルルームやモデルハウス完成直後に「 検討会 」を行い是正修正工事終了後にオープンする事次のページ

関連記事

  1. 第62回 駐車場の適正台数や広さ等は…。

  2. 第87回 「 収納面積 」は住戸専有面積の約8%程度確保する事。

  3. 第81回キッチンに「 パントリー 」( 食品庫 )は今後不可欠。

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第73号 真夏の定番
  2. 経済・株式・資産

    第22回 差別化に効果を発揮する情緒的価値を意識した企業経営「さくらインターネッ...
  3. 健康

    第28回「水分補給で、脳を整える」
  4. キーワード

    第86回創業するなら、断然、「五反田」!?~世界を目指すスタートアップ企業を育む...
  5. 健康

    第14回 三朝温泉(鳥取県)「浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし」の放射能泉
keyboard_arrow_up