menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第31回「アメリカの消費の生み出し方、3つのポイント!?」

継続経営 百話百行

 
ビジネスを生み出す考え方に、3つのポイントがあります。

それは、
1.時間   2.専門化  3.リピート
です。
 
まずは、「時間」です。
時間を軸にしたビジネスは、時間を短縮するという発想と、もう一つあるのが「時間潰し」のビジネスです。
 
最近、すごい勢いで低価格化し市場が拡大しているのが、ビデオオンデマンドです。
●アマゾンプライムビデオ 実質0円
●ネットフレックス 702円~
●TUTAYA TV 1008円
●dTV 540円
●Hululu 1007円
と、見放題定額が普及しています。
これと同じようにLCCの飛行機が発達してきている今、確かにこのようなビジネスモあるなと思ったのがシアトルの空港にあった、映画の販売です。スマホにダウンロードする自販機みたいなものです。
 
keizoku31no1.jpg
 
ますます時間短縮の便利さの対局に、ますます時間を潰すためのビジネスが出てくるようです。
そして、同じくシアトルの空港にあったのが地図専門店です。地図だけで商売がなり立つんだと思いながら、いろんな地図があったら面白いだろうなと思いました。
 
 
keizoku31no2.jpg
 
しかし、ビジネスを生み出すのに考える「専門化」は人口にすごく左右されます。
人口が多いところでは、専門化は非常に有効です。人口が少ないところでは、非常に難しいです。
銀座の鳩居堂さんは、和文具として繁盛しています。
 
しかし、これを人口の少ないところでやっても、収益を上げるところまで売上が上がりません。
なので、非常に難しいのです。しかし、今は、ネットがあるので、逆に物販の専門化は地方の方が良いかもしれません。なぜなら、倉庫代が安く付くからです。
 
そして、アメリカと言えばエンターテイメントです。
これも、時間つぶしビジネスの1つですがエンターテイメントの考え方は、他のビジネスの考え方にも非常に役立ちます。
 
エンターテイメントで大事な要素は、「リピート」です。リピートはどんなビジネスにも必要です。
リピートに必要な要素は3つあります。
1) 興奮させる   2) 記憶と伝達  3) 特別感
この3つです。
 
ビジネスには、興奮ビジネスと感動ビジネスがあります。
エンターテイメントはどちらかというとアドレナリンが出るような興奮型が多いようです。


 
(写真は、ラスベガスの高層ビルの上のコースター)
keizoku31no3.jpg
 
 
最近の4D映画もこれに近いと思います。
 
keizoku31no4.jpg
興奮型は、わかりやすいのですが、もっと興奮を求めるので飽きも早いのです。
実は、感動型のビジネスの法が長続きには持って来いです。そして、記憶と伝達は記憶させる仕組みがあるというもの。最近では、写真を撮らせる瞬間があり、写真を撮れると伝達もしてもらいやすくなるので、情報が拡散されやすいです。

(シルクドソレイユで、撮影OKとプラカードが出た瞬間)
 
keizoku31no5.jpg
 
(アンテロープキャニオン、ガイドさんが写真の撮り方を教えてくれる)
kezioku31no6.jpg
 
 
特別感は読んで字のごとく、ここだけ、これだけというものがリピートにつながります。上手だな~と思うのがディズニーです。恐るべし、アメリカの消費の生み出し力です。
 

第30回「消費を生み出すのが得意なアメリカ」前のページ

第32回「資本主義の現在、未来を学べる中東!?」次のページ

関連記事

  1. 第54回 『台北、ソウルに見る、世界は便利に向かう、生産性を考えない会社はつぶれる』

  2. 第52回 『マカオの止まらぬ発展!?』

  3. 第11回 日本人の特性にあった継続経営チェックポイント

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 不動産

    第10回 外部の知恵を取り入れて「 マンネリ化 」を打破する事が重要
  2. 税務・会計

    第51号 BS「格言」
  3. 社長業

    Vol.162 「クールビス」という流行が残したもの
  4. 人間学・古典

    第6人目 「本多静六」
  5. 経済・株式・資産

    第84話 会社が破たんする原因は資産にある(13)
keyboard_arrow_up