menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第30回「消費を生み出すのが得意なアメリカ」

継続経営 百話百行

 
アメリカに行くと、いつも、
消費を生み出すのが、本当に得意な国だなと感心します。
 
先日、
ラスベガス、グランドキャニオン、モニュメントバレー、アンテロープキャニオン、グランドテトン、シアトル
と7カ所に視察へ行ってきました。
 
その時にも、消費を生み出すのに、このような発想をしているんだと、思ったのが
 
【Think BIG】の考え方です。

 
大きく考えろ!
 
 
砂漠のど真ん中に、年間5000万人も訪れる観光地を作り
自然を残すために開発をしてはならないという考えで、巨大な自然を国立公園に
世界ではじめて制定したり
 
とにかく大きく考えることが
新しいビジネスを生み出すことを
考えるのに事欠かない場所です。

keizoku30no001.jpg
(2km×4kmの砂漠にラスベガス、同縮尺の東京都)
 
 
keizoku30no002.jpg

keizoku30no003.jpg
(ラスベガスを上空から、筆者撮影)
 
 
 
今回、消費を新たに生み出すものに出合ったキーワードは
 
 
「面倒くさい」 
 
 
これを解消するのが、新しいビジネスになります。
 
 
たとえば、いちいちお金を支払うのが面倒、ということで
クレジットカードが出来たり
 
いちいち、CDを買って、ダビングしてと言うのが面倒だと、ダウンロード販売が出来たり
 
面倒の解消は、新たなビジネスを考える大きな基軸です。
 

が、しかし、
 
 
その逆がたくさん出てくるようになったというのを確信しました。
 
つまり、
 
「面倒の解消」の逆
 
「面倒を利用する」
 
例えば、面倒を解消すると、楽になり健康を損なうという発想から
 
その逆、面倒は、健康に良いという発想になり
 
 
 
ランチ、ファーストフードでは
 
サンドウィッチを
パンを選び、挟むサラダや具材をたくさんの中から選ぶのが
ものすごく流行っています。
 
keizoku30no004.jpg
(サンドウィッチ屋さんは、日本でもおなじみのSUBWAYのようなお店が数多くある)
 
keizoku30no005.jpg
(パン、野菜など多い種類の中から、選び自分好みのサンドウィッチに仕上げる)
 
選ぶのが面倒なのに
面倒と、健康とが、発想で結びついているので、健康ブームのアメリカでは流行っています。
 
 
アメリカ資本では無いですが
 
アマンリゾートなどは、場所が不便なところにあり
ものすごく面倒なのに
面倒なところにわざわざ出かけた方が
自然に良くリラックスできるという考えになるようです。
 
keizoku30no006.jpg
 
keizoku30no007.jpg
(大自然の中にあるアマンリゾーツの1つ、アマンガニ)
 
 
 
新たなビジネスの発想には、
 
「面倒」というのがキーワードですが
 
今までの「面倒の解消」というものから
「面倒の利用」という発想が出来る
 
ということが新しい発見でした。
 
 
「面倒」というのを切り口に
 
いろんなサービス
いろんな商品を
 
考えるのも1つの手です。
 
keizoku30no008.jpg

第29回「韓国のアジア一番!ここから学ぼう!!パート2」前のページ

第31回「アメリカの消費の生み出し方、3つのポイント!?」次のページ

関連記事

  1. 第20回「良い企業は「ファミリー」と「公私混同」がキーワード!?」後編

  2. 第54回 『台北、ソウルに見る、世界は便利に向かう、生産性を考えない会社はつぶれる』

  3. 第4回 どうしたら、変わり続けられるのか?

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    日本的組織管理(14) 無視、称賛、非難の三原則
  2. 後継者

    第39回 ファミリー企業―家族としての側面
  3. ブランド

    「先端」を制する者、成功を制す その4「襟元」
  4. 戦略・戦術

    第46回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?」
  5. 税務・会計

    第28号 社長の敵は身近にいるかもしれない
keyboard_arrow_up