menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第133回 明るい顔で印象アップ。照明機能搭載WEBカメラ

デジタルAVを味方に!新・仕事術

自宅からのWEBミーティング参加が定着しつつありますが、顔が暗く映りがちで、気になっている方も多いのではないでしょうか?
その主な理由は、光環境とデスクの位置関係。自宅の場合、壁の近くで、壁に向かって座るケースが多いと思いますが、この場合、天井の照明や窓からの外光などが後背に位置し、人物が逆光状態になって、顔が暗く映りがちです。ソフトウェアでの補正や調整も可能ですが、暗い部分を明るくすると、ノイズが粗となって目立ち易く、色味も不自然になりがちに。だからといって、デスクの位置を変えたり、別途照明を用意したりするとなると、なかなか億劫なものです。

そこでお勧めしたいのが、Anker(アンカー)のWEBカメラ、「AnkerWork B600 Video Bar」です。
WEBカメラに、本格的な照明機能を搭載。「女優ライト」とまでは行きませんが、光の拡散性が高く、また、色味(暖色から寒色まで4段階)の調整も可能と、良く考えられています。

パソコンモニターの上部に「AnkerWork B600 Video Bar」を取り付けた例。他にも、デスク上に置いたり、三脚に取り付けたりすることも可能です。

実際の効果もご紹介しましょう。

<照明オフ: カメラが高性能で顔が暗くならないよう調整もされていますが、冴えない印象>

<照明オン: 一部が極端に明るく青白く照らし出されることなく、自然なライティング。表情も立体的。>

いかがでしょうか?
顔が明るく映し出されると、気持ち的にも明るくなり、表情が豊かに見え、喜怒哀楽も伝わり易いと思います。

「AnkerWork B600 Video Bar」は他にも、少し大型のスピーカーを搭載していて相手の声が聞き取り易く、また、内蔵の高性能マイクにより、自身の声を相手にクリアに届ける機能も。
照明機能も含め、ユーザーの困り事を解決する、「痒い所に手が届く」製品は、Anker(アンカー)の得意とするところで感心しきり。同社の急成長はビジネス界でも話題ですが、本製品にもその一端を感じることができます。
「AnkerWork B600 Video Bar」を活用して、実際の面談に近づけば、会議の生産性も向上するかもしれません。

【製品情報】
メーカー: Anker
製品名: AnkerWork B600 Video Bar
製品公式ページ: https://www.ankerjapan.com/products/a3383

 

第132回 AIで音声合成(機械話)が実用レベルに!前のページ

第134回 ヘッドホン難聴に注意!スマホ機能で対策次のページ

関連記事

  1. 第72回  航空券はスマホで!ペーパーレス&時間短縮

  2. 第139回 新トレンド「チューナー”レス”」テレビ

  3. 第56回  「IoT」で広がるビジネスチャンス

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 新技術・商品

    第38話 日本のものづくりのお家芸は…
  2. ブランド

    エグゼクティブの為の 「2006年を華やかに締めくくる・イメージマネージメント心...
  3. マネジメント

    第122回 『多くの転職は、負け始めである』
  4. 製造業

    第2回「ムダどりから始めよう」
  5. 税務・会計

    第4回 なぜ、P/L(損益計算書)思考ではダメなのか?
keyboard_arrow_up