menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第六十二話 「自分を追い込もう」(帝都産業)

社長の口ぐせ経営哲学

エコロジー時代をどう生き残っていくか、これは各企業の命題でもある。
会社設立以来、「環境に優しい会社」を基本理念にしているのは、デリバリー業務を全方向からサポートする業界の
パイオニアである帝都産業株式会社(本社・東京都多摩市)。
創業(昭和22年)時は、紙箱などの包装業だったが、日本初の屋根付き三輪バイク(宅配バイク)を開発、
現在のデリバリー市場の基盤づくりに貢献している企業に成長している。


業務は宅配バイクの販売にとどまらず、メンテナンスサービスから宅配用パッケージ、
顧客管理のソフト、デリバリービジネスの業務をサポートする企業に変わってきている。
昨年11月、国内初のLPGスクーター転換キットを装着した「ズーマーLPG」を発売し、LPガスで走るエコバイクとして
好評を博している。ガソリンや軽油に比べ、燃費もよく、排ガスも少ない事から注目を集めている。


「同じことをやっていたら負けてしまう」(老沼清晴社長、33歳)
と 三輪車のレンタル事業を開始、
「所有」から「使用」へと、顧客のニーズに合ったサービスを提供している。
1ヶ月1台から借りられる宅配用バイクである。契 約期間が1ヶ月単位なので、
仕事の都合に合わせて利用できるところが受けている。
次々に宅配ビジネスの独創的なビジネスモデルを展開し続けている。


デリバリー市場は拡大の一途をたどっていたが、景気後退の折、現状は、厳しい状況下に置かれている。
そういう中で、宅配バイクを購入するのではなく、繁忙期のみバイクをレンタルしたい、
という取引先(顧客)のニーズは高まっている。アイデア次第で需要を喚起する事も可能である、ということを証明している。


同社は常に挑戦し続けている企業である。老沼映輔会長は若い社長を支えながら、現場第一で動いている。
老沼会長は、「挑む」と「逃げる」は漢字がよく似ているが、大きな違いがあると、
「とにかくやってみよう。ダメでもともと」と激励する。
新しいものを生み出してきた企業だけに、全社員がチャレンジ精神を持つことを大事にしている。


デリバリー業界のパイオニアとして走り続けている同社は、特に、商品やサービスの開発に力を入れている。
老沼会長は個人的な見解として、崖っぷちが好き、という。人間誰でも、後がないと知恵も出るし、真剣にもなる。
だから、社員に対して、「自分を追い込もう」と呼びかける。
自分で自分を追い込むから、壁を乗り越えるための知恵(アイデアやヒント)は必ず、
出るというのが経験から学んだ仕事観である。


 

                                                             上妻英夫

第六十一話 「自分が飽きるな」(山崎鉱泉所)前のページ

第六十三話 「ピンチこそチャンス」(エースインターナショナル)次のページ

関連記事

  1. 第九話 現場主義で行け!(クインビーガーデン)

  2. 第六十七話 「間違ったことをするな」(ブレイン)

  3. 第七話 情報は現場にあり(南日本リビング新聞社・三陸食品)

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第61話 「2013社長・重役報酬の実態調査レポート」にみる今年の動向
  2. 教養

    2015年8月号
  3. 社員教育・営業

    第10号 “新規事業を行いたい会社”の全員営業の活用法【...
  4. サービス

    107軒目 大阪名物になれるか?北新地の新名物!トリュフ蕎麦 トリュフ蕎麦わたな...
  5. 人事・労務

    第98話 労働時間の適正な把握のために講ずべき措置・ガイドライン
keyboard_arrow_up