menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第65講 「帝王学その15」
国を治むるは、樹を栽うるがごとし。本根揺かざれば枝葉茂栄す。君よく清浄ならば、百姓なんぞ安楽ならざるを得んや。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学


【意味】

国の政治は、木を植えるが如し。根元が揺れなければ枝葉は茂る。君主が浮ついた生活をしなければ、人民も(君主の生活を手本にして)安定した生活が実現する。



【解説】
掲句は「貞観政要」のものです。「本根揺かざれば、枝葉茂栄す」とありますが、封建君主時代は「君主⇒領民の手本」となり、君主の姿勢が本根となります。民が君主である民主主義国家においては、「互いの個人⇒国民の手本」となり、我々国民が本根となります。
言い換えれば、昔は絶大な権限を有する君主一人が臣下人民の本根ですから、君主の成長が大切でした。現代の民主社会では国民が本根ですから、各人が互いの手本になる意識で生活することが大事です。この姿勢を「高貴なる相互民主社会を築く精神」といいます。


以下の文章は、私が主宰する「100万人の心の緑化作戦」の趣意書の一部です。
『100万人の心の緑化作戦』は、人心の砂漠化を防ぐ目的で大原学園グループが発足させたボランティア運動です。
 「一年の計は作物を植え、十年の計は樹木を植え、百年の計は人心を育てよ!」といいます。土地の砂漠化には百万本の苗木で対応しますが、人心の砂漠化には「100万人の心の緑化作戦」によって対応しようとするものです。
この運動は、会員一人一人が『人間学読書会』において世界の名著を学び、生活規範となる自分流の「生き方ノート20条」を作成します。
 そして、自分流の生活向上を目指す会員が100万人になれば、全国民12,700百万人の127人に1人の割合になりますから、この人々を核にして日本国の人心の砂漠化を防ぐというものです。
 【人間学読書会のお知らせ】:『人間学読書会』は、名古屋・浜松・静岡の三都市で開催。誰でも無料で予約なしの参加が可能ですので別名『無門読書会』とも。・・・詳細はWebで
    

掲句の考えに添えば、「君主⇒領民の手本」が人民の安楽になるならば、企業社会でも「経営幹部⇒社員や取引先の手本」が関係者の安楽を招くはずです。しかし関係者の現実の姿は、表面ではお金のために従順を装う一方、影では悪口という面従腹背の態度です。
この事実は、経営幹部の力量が会社の儲けを実現させても、まだまだ社員や取引先を安楽のレベルに導いていないことを物語っています。現代の平等社会では自意識過剰の指導者は敬遠されがちですが、そうかといって儲けるだけが幹部の役割と割り切っては、現代の企業社会の盟主たる者としては、目標の小さな経営ロマンと言わざるを得ません。


歴史は君主社会、貴族社会・企業社会と変わってきましたが、いつの時代でも世の指導者には「人民救済の社会貢献」が課されてきました。自社の儲けを挙げると共に社員や取引先の手本になる志を持つことこそが、真の『経営幹部の使命観』であります。
「本根揺かざれば・・」とありますが、歴史上の多くの指導者を育てた名著「貞観政要」や「宋名臣言行録」に真剣に取り組んでいただき、経営幹部としての本根を強固なものにすることをお勧めいたします。

 

杉山巌海

第64講 「帝王学その14」 古より帝王を観るに、憂危の間に在るときは、賢を任じ諫を受く。安楽に至るに及びては、必ず寛怠を懐く。前のページ

第66講 「帝王学その16」 酒を飲むは人の苦情なり。君を欺くは臣子の大罪なり。次のページ

関連記事

  1. 第18講 「言志四録その18」
    権豪に近づきて、名を落とすべからず。

  2. 第35講 「言志四録その35」
    耳を以て人の言を聞くことなかれ。

  3. 第6講 「言志四録その6」
    将たる者は、一時の勝敗を論ぜずして、士気を振励し義勇を鼓舞しむ

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第16話 「長期固定金利の誘惑」
  2. マネジメント

    第143回 『「できる人」から「できた人」へ』
  3. マネジメント

    第83回 特別対談:株式会社トランビ代表取締役 高橋 聡氏(第1回/全3回)
  4. 後継者

    第22回 米、仏、サウジ、インド、日本での相続
  5. 戦略・戦術

    第191号 アジア最後のフロンティア「ミャンマー」
keyboard_arrow_up