menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

第157話 味ん味ん 稲城矢野口店 @東京都稲城市 ~超絶な焼肉店

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

会員さんに焼肉店が多いので、定点観測をしているのがこちら『味ん味ん 稲城矢野口店』です。

「緊急事態宣言」明け、お店の集客状況や、メニュー、料理、ファミリーの「卓単価設定」などをチェックしてみたいと思います。

 

16時30分に到着して、順番待ちの発券機で出力します。

すで先約があり3番目です。だから、この時点で十数人くらいのウエイティング。

 

『味ん味ん』のような客単価を抑えた食事需要の焼肉店で大切なのはスタートダッシュです。

他の追随を許さない品質の焼肉の単価設定ゆえ、リピート率は高く、待つのが嫌であれば、早く来店するということです。食事需要でも「お腹が減った」というニーズではなく、『味ん味ん』で食べたい、だから早めに来るという構造です。郊外に出店していますから、車で来店故に商圏も広いです。

そんな事情で否応なしで集まるわけですから、提供が早ければ、概ね70分でお客様が入れ替わりますので、薄利多売とてキャッシュが蓄積するのです。

 

テーブルに案内され、まずはドリンクやキムチやナムルなどを注文します。

サイドメニューは少しずつブラッシュアップしている印象です。

なかなかおいしいです。

 

続いては、こちらのウリの稀少部位を注文します。

本日はカイノミを集中的に攻めてみます。まずは4人前。

さて、欠品になるでしょうか。

それと椎茸。

 

まずは椎茸が到着です。

 

昔、『大東園』の徐さんと来て、徐さんの目を丸くさせた「カイノミ」。

今回は4人前で注文したので二皿で到着です。

品質は変わっておりません。

うまいです。

2017年に来たときと比べても、当時のカイノミは860円だったので価格は20円しか上がっていません。さりとて、カット数も2017年に12個だったので今回と同じです。肉が高騰している折、すばらしいですね。

こういう姿勢がお客様を激増させて、店舗数も増やしているのでしょう。

 

チョレギサラダを追加します。

まあ、ドレッシングはセントラルでつくっていないかもしれませんが、おいしいです。

 

最後に「牛タン」。

焼肉店では1人前1,000円を超えるのが普通になっていますから、830円という価格設定ということでこんなものでしょう。

 

ちなみに、コーラはジョッキです。

ドリンクで単価アップという考え方でなく、おいしさと圧倒的な「卓単価」による顧客満足度の追求をしています。すばらしいです。

 

客単価設定はお客様から見ると予算で、店を決める利用動機です。

会食であれば、一人当たりの客単価(お客様からみる)、家族でのレジャー外食であれば「卓単価」の設定が重要となります。

 

味ん味ん 稲城矢野口店

東京都稲城市矢野口1633

電話 042-379-8238

第156話 白金 酉玉 本館 @東京都港区 ~凄い種類の稀少部位前のページ

第158話 厨 しんさく(くりやしんさく)@金沢市~細部に美ある「脱まいったか系」の審美眼を問う料理次のページ

関連記事

  1. 第161話 じろうや介 @名古屋駅 ~ビタミン調整をせず刺しを入れる名生産者上田伸也氏の「但馬玄」の焼肉店

  2. 75軒目 新祇園名物の肉割烹

  3. 97軒目 地産地消の餃子

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. サービス

    71軒目 行列のできる鍋屋とは…
  2. マネジメント

    第81回 特別対談:マーケティングコンサルタント 松野恵介氏(第2回/全3回)
  3. ブランド

    企業の顔・社長の成功顔秘訣vol.1 -肌-
  4. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(30) 英雄の嘆き
  5. 戦略・戦術

    第六話 顧客取材で突破口を掴んだ小さな町工場の取り組み
keyboard_arrow_up