menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

12軒目 「地元の人に支持される個人店の鏡」

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

「太古福」(宮城県・仙台市)
 

 仙台で牛タンというとあなたはどの店を思い出すだろうか?
 
 チェーンでは「利久」が伸びているように見える。「利久」は牛タンで観光客を引きながら、しっかり料理人を置き、魚などの生ものを品揃えし、 地元の人間でも気軽に来店できる居酒屋のように機能しているように思う。とてもバランスの良い店だ。
 
 さて、私は、牛タン屋なら、この太古福(たこふく)を推したい。
 
 この店は駅前にない。高速インターに近い住宅地のど真ん中に悠然と存在するなんとも異色な存在だ。
 
 もちろん、超繁盛店。地元の人に支持され続けている店だ。そして個人店の鏡に私は思う。
 
 店の外観は、まさに住居兼、店舗という感じで、駐車場も、「これから建売住宅でも建てるのかな・・」という印象。
 

 そんな裏口から入ると、初めて来た人間は驚くこと間違いない。
 
 そこに、まさに個人経営の“お母さん”という女将さんがいい感じ出迎えてくれる。
 
 でも、それは暇な時を選んでいくから。昼時となると、車と人 でもう戦争状態。女将さんの姿を見ていいサービスはないとインプットされている 人も多いのではないだろうか?
 
 この店の牛タンは醤油ベース。塩、味噌の味付けがほとんどの仙台の牛タン店にあって、珍しい存在。見た目の量も決して多くない。
 
shikumi12_01.jpg
 
 しかし、この厚切りのタンがご飯にあう。香ばしい香りがいい。
 
 その一方で、この味わいはほっとする味だ。
 
 繁盛店には、「忘れさせない店」と「飽きられない店」がある。この店は、醤油味という個性がありながらも、何か気の置けないところがあって、 なぜだかわからないけどやってきてしまう店だ。家のような、牛タン屋のような、でも安心できる店だ。心も胃袋も優しくいやしてくれる小商圏の時代の名店の ひとつなのだろう。
 

太古福
仙台市若林区六町の目
電話 022-288-5849

 

11軒目 「1日に餃子を10000個売る店」前のページ

13軒目 「本場!ブイヤベースの一番店」次のページ

関連記事

  1. 第147話 《これまで回ったベスト3に入るそば》手碾き蕎麦 Z庵 @茨城県結城市

  2. 25軒目 「柳川名物うなぎ蒸し」

  3. 57軒目 宣伝を使わず小商圏で生きる道

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(17) 光秀の誤算
  2. 経済・株式・資産

    第102話 なぜ日本のユニコーン企業は中国に比べ極端に少ないか?(上)
  3. 健康

    第16号 鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、人インフルエンザ
  4. 戦略・戦術

    第262号 「宣伝講習販売」と「通販」
  5. 製造業

    第251号 改善提案を等級づけてはならない
keyboard_arrow_up