menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第21話 債務過多の解決策は3つしかない

あなたの会社と資産を守る一手

ここのところ債務過多の会社の経営者とお会いすることが多い。
 
そして、たいてい
「債務過多の会社をよみがえらせるにはどうしたらいいのだろう?」
といった内容のことを聞かれる。
 
どうしたらいい?といわれてもその会社の財務や強みによってやりかたは異なる。儲かっている事業があるならそこだけ切り離すなんていうこともできるのだが、その会社をどうにかしなければならなくなったときは方法は3つしかない。
 
【1】 債務の免除、減額
 
【2】 資産の売却
 
【3】 利益の増加
 
この3つの方法を組み合わせて事にあたるのが普通だが、たとえばホテルなどは『ホテルという資産』を売却すると営業利益が出せなくなり、再生すらできなくなる。
 
つまり、業種によって制約というものがでてくるのだ。
この制約を考えなくてよいようにするためには、どうしても必要なものがある。それが『ビジネスモデル』ということになる。
 
ホテルで言えば極力、固定資産をもたない努力を続ける東横インや、ホテルそのものを運営するのでなくホテルと顧客の仲介を空き部屋と言う観点でつなげる一休のような会社の『ビジネスモデル』 が既存の制約を崩すのだ。
 
債務過多の解決策は3つしかない。それでも、債務過多の会社を蘇らせたいと考えるなら『ビジネスモデル』を考え、3つの債務過多の解決策を考えながら事業展開するべきだ。
 
それを考えても、そこから試行錯誤の連続なのだが、やらなければ、いずれ会社は破たんしてしまう。

 

第20話 昔からある業種では、視点を変えなければ利益も増えない前のページ

第22話 返済が遅れると低金利の融資も高金利になる次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長と会社の資産を守る法CD

    音声・映像

    社長と会社の資産を守る法CD

関連記事

  1. 第108話 中小企業の事業承継(11)

  2. 第75話 会社が破たんする原因は資産にある(4)

  3. 第18話 大きな含み資産を持つ債務過多の黒字会社は難しい

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.123 経営力は本質追求の継続力なり
  2. 教養

    第43回 『ドラマ思考のススメ』(著:平野秀典)
  3. コミュニケーション

    第14回 営業が苦手でもできる!手書きのひと言、実践例
  4. コミュニケーション

    第155回 「副幹事に指名される人こそ、気配りの達人だ」
  5. マネジメント

    第5回 オリジナルを目指す
keyboard_arrow_up