menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.22 2002年、最後のセミナーから「元気のプレゼント」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 先週13日、私自身の担当最終セミナーを運営しました。異色のコンサルタントとして大活躍中の大久保寛司氏(人と経営研究所)にご出講いただき組織体すべてに共通の繁栄鉄則を本当にわかりやすく説いていただきました。
 
  ●組織体(会社)にとって一番大切な資産2つ
     (1)お客様からの信頼・安心・満足
     (2)社員(パートを含め)のやる気
  ●この2つの資産を増やすための3つの大切なキーワード
     A.全社員が(1)のために協力すること
     B.本音のコミュニケーションができること
     C.全てお客様の立場で考えること
 
どれも知っていること、聞いていること、やっているつもりのことばかりです。
しかし、(A)の協力一つとっても本当にできているか全く自信がありません。
 
 営業、総務、製造、みな自分の仕事優先で、考え、発言し、行動します。
 
 大久保氏によれば、全社員の仕事の第一義は「お客様からの信頼・満足」であり、自分の職務は第二義であるとのこと。まさにそのとおりです。
 
 基本の無い応用は、無理がきます。全社を元気にするためにもう一度原点に戻って我々も頑張ります。
 
 厳しい平成15年を迎えますが、あかるく元気に頑張りましょう。1年間本当にありがとうございました。

 

Vol.21 人間通への逆バリ10大項目前のページ

Vol.23 利は元にあり!次のページ

関連記事

  1. Vol.103 「業績を伸ばす「思考回路」を見分ける」

  2. Vol.17 「後継者の就職先3大条件」

  3. Vol.93 成功体験と思い込みの罠

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第18回「タブレット活用」
  2. 社員教育・営業

    第30講 お申し出者のお宅への訪問対応~その8~
  3. 健康

    第32回 聞くだけでリーダーの脳が変わる
  4. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(33) 義経決起の背景
  5. 社員教育・営業

    第138回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方59「聴き取りやすい声とは」
keyboard_arrow_up