menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.89 「社長が社員に与える「最高の報酬」とは」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「仕事、会社に対するプライド」「社員の誇り」を、どうやって高めつづけられるか?
 
 これこそが、T社長(S.Lグループオーナー、61才2部上場)が創業以来心を砕いてこられた、人事戦略の根幹である。
 
 創業時からの人事確保はもとより、人材採用、中核社員の人生設計、業界全体の地位向上のために、事前の専門学校を設立し資格制度を導入するなど、徹底して、実戦主義である。
 
 上場が「社員のプライド向上」に一層の拍車をかけたことは、何よりの喜びだったとの事。今日でも、業界のリーディングカンパニー、最高の顧客満足の実現。そして地域になくてはならない存在、となるために日夜研鑽(ニチヤケンサン)しておられる。
 
 何も大きな事を狙う必要はない。お客様からの感謝の手紙を全社員に回覧することや、社内表彰、技能講習、資格取得、新聞、雑誌に会社が載ること、ボランティア…できることから一歩一歩始めよう。
 
 忘れてはならないのが、「自社商品に対する自信と信頼」の教育、そして何より「儲かっていること」。
 
 更に、仕事、教育を通して、社員一人一人が成長を自己認識できる仕組みづくりも大切な一手である。
 
 めざすべきは「社員とその家族が自慢したくなる会社」である。

 

Vol.88 「会社の信用、信頼性の大切なモノサシの一つ」前のページ

Vol.90 「”経営を楽しむ”塚越会長のひと語」次のページ

関連記事

  1. Vol.23 利は元にあり!

  2. Vol.157 我社にしのびよる大企業病を撃退する

  3. Vol.124 意識を切り替える能力と条件

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第22話 返済が遅れると低金利の融資も高金利になる
  2. キーワード

    第142回 医療・介護分野の未来技術
  3. マネジメント

    危機を乗り越える知恵(1) 家康、信玄の術中にはまる
  4. マネジメント

    ナンバー2の心得(11) 造反のタイミング
  5. 社員教育・営業

    第14講 カスタマーハランスメント対策の実務策①
keyboard_arrow_up