menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.103 「業績を伸ばす「思考回路」を見分ける」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

9月上旬に、仙台のS工業(S社長)と4ヶ月ぶりにお会いした。
 
 受注量も増え、順調に社業を伸ばしておられるが、S社長のすばらしい事は、「どんな一般論であろうと、他業界の事例であろうと」そこにある「事実」を自社内の個別案件に結びつけ、業績向上へ具体的に手を打つ思考回路と行動特性にある。
 
 図にすれば、
  [一般論]⇒[自社の具体論]
  [自社の具体論]はあくまで⇒[自社の具体論]
 
 である。しかし実際には、これができるようでなかなかできない。
 
 逆に、どんなに深刻な問題で話し合っても、議論を重ねるうちに一般論に話が戻ってしまう社長もいる。業績不振が経済環境のせいであったり、業界の一般的な理由に帰結してしまう。
 
 具体的な打開策が決まらないし、決めても実行されない。
 結果、当然のことながら事態は好転しない。
 社長であれば、自分自身の思考回路が常に「具体論」的になっているかを十分注意して欲しい。一見、「ジコチュー」の様に思われがちだが、業績を伸ばす社長は、原因自分論に立っているし、現場主義であり、他に責任を転嫁することをしない。
 
 誰かと一緒に仕事をする場合には尚更、仕事の話や雑談を通して相手の思考回路のパターンを見ておくことは重要だ。
 
 一般論が主張が明確なときほど理屈が通っているから判断に迷うが、間違ってはいけない。

 

Vol.102 「社長指示を確実に幹部に理解してもらう」前のページ

Vol.104 「命脈を、更に一回り太くする」次のページ

関連記事

  1. Vol.114 口にするは易く行い続けるは難し を肝に銘じて

  2. Vol.152  運も天も味方につける

  3. Vol.144 お客様に「幸せを提供」できていますか?

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第84話 年2回の成績評価はなぜ必要なのでしょうか
  2. 経済・株式・資産

    第78回「来年にかけての懸念事項と投資戦略」
  3. 社長業

    Vol.2 営業部門のIT効率化は、今後の重要実務
  4. 後継者

    第7回 親側の教育 オレは例外だ 難しい退き際
  5. マネジメント

    第165回 企業研究シリーズ「CoCo壱番屋」
keyboard_arrow_up