menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.64 社長の重要参謀「有能な税理士の条件」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「低金利のうちに、財務体質を1ポイントでも2ポイントでも強くしておきたい。」社長として当然である。
 
 決して利益率が大巾に伸びたり、画期的な新商品が次々ヒットすることばかりを期待してはならない。おのずとキャッシュフロー重視やROA改善として節税が守りの大切なテーマとなる。
 経理部長に素晴らしい人材を得ることは一番だが、「有能な税理士先生」を顧問に迎えることは、もっと大切な実務である。
 
 昨今、多くの会社に伺うと、税務調査が厳しくなっている事をじっかんするが、皆さんの会社では、いかがですか?
 
 尊敬するM税理士先生から、先週、電話報告が入った。
 顧問先の「特別損失処理」にたいする税務調査の終了と、課税ゼロを確定ささるまでの3ヶ月に及ぶ交渉過程の話であった。
 
 詳細は公表できないが、数億円規模の利益圧縮となるために、税務署の追及も執拗であったが「おみやげ」も一切なく申告通りに決着したと。
 
 先生曰く、「従来の政治力はもう通用しなくなった。」「いかに最新の税務知識を使い、論拠を組み立て、交渉し、論破するねばりの強さの時代になったと。

 

Vol.63 7期連続増益の原動力前のページ

Vol.65 社長は「雲隠れ」する習慣を次のページ

関連記事

  1. Vol.62 よい人材を一人でも多く獲る

  2. Vol.91 「2006年の重点戦略の変動点はどこですか?」

  3. Vol.164 2012年の最大の仕事

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第39話 「なぜ、ワンマン経営者がいけないのか?」
  2. ブランド

    社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トッ...
  3. マネジメント

    第44回 戦略なき理念は意味をなさない
  4. マネジメント

    第1回 ユニクロは、経営理念で売り上げをアップさせている
  5. ブランド

    握手は成功の鍵
keyboard_arrow_up