menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第181話 中国電気自動車(EV)の輸出に異変

中国経済の最新動向

 中国電気自動車(EV)の輸出に2つの異変が起きている。1つ目はこれまで好調を続けてきたEV輸出に陰りが出始め、4月から2カ月連続の減少に転じた。2つ目は輸出先のトップ交代だ。本稿はこの2つの異変を検証する。

 

2カ月連続の「ダブル減少」

 中国自動車工業協会の発表によれば、今年4月、EV輸出台数が8.9万台で、前月比▼10.9%、前年同月比▼2.4%と、近年来初めての「ダブル減少」となった。

 続いて5月にも、EV輸出が7.7万台で、前月比▼13.8%、前年同月比▼22.3%と、初めての2桁「ダブル減少」となっている。

 4月、5月の2カ月連続減少によって、1~5月累計で中国が41.4万台のEVを輸出しているが、前年同期に比べれば▼1.8%の減少となっている。

 近年来ずっと好調が続いてきた中国EV輸出にとって、2カ月連続の「ダブル減少」は異常と言わざるを得ない。この異変が後で述べるEU(ヨーロッパ連合)の中国製EV関税対策と切っても切れない関係にある。

 

ブラジルが中国EVの最大輸出先へ

 もう1つの異変が中国EV輸出先のトップ交代だ。

 これまで中国製EVの最大輸出先はEU加盟国のベルギーだった。ところが、中国乗用車市場情報連合会(乗連会)の発表によれば、今年4月に中国新エネ車(EV及びPHEV)のブラジル向け輸出が前年同月比で12倍増の40,159台にのぼり、昨年首位のベルギー(25,298台)を大幅に上回った。3月に続き2カ月連続で、ブラジルが中国EVの最大輸出先となった(図1を参照)。1~4月累計でブラジル向け新エネ車輸出が85,466台にのぼる。

 ブラジルは2023年新車販売台数が230万台超で、中南米最大、世界6位の自動車市場を誇る。昨年のEV販売台数も91%増の9万3900台となり、同国史上最多を記録している。

 今年に入ってから、ブラジルのEV販売台数はさらに拡大している。4月は前年同月に比べ爆発的な11倍増、PHEVも2倍増となっている。新エネ車の市場シェアが4.7%に達し、昨年同期より3.6ポイント拡大した。

 モデル別の販売実績を調べれば、4月ブラジルのEV販売急増は、中国ブランドによって支えられた事実が浮き彫りになる(表1を参照)

 新エネ車販売台数トップ10のうち、中国ブランドは8モデルを占める。うち、中国EV最大手のBYDはトップ3を独占し、上位10モデルのうち、5モデルを占める。

 中国以外のブランドは2モデルしかランクされず、スウェーデンのボルボは8位、ドイツのBMWは10位とそれぞれ占める。トップ10のうち、日本車の姿が見られない。

 

EUでの現地生産を推進する中国メーカー

 中国EV輸出台数のダブル減少も輸出先のトップ交代も、その背景にはEU(ヨーロッパ連合)の中国製EV関税対策の影響がある。

 EUは、中国から輸入されるEVが、中国政府からの補助金を受け、EU市場での競争を歪め、ヨーロッパの企業に損害を与える恐れがあるとして、2023年10月から調査を行っていた。

 そして、今年6月12日にEUの執行機関、ヨーロッパ委員会は、中国から輸入されるEVについて、すでに課している10%に加え、暫定的に関税を上乗せする方針を明らかにした。上乗せ関税率は最大で38.1%で、中国当局との協議で状況が改善しなければ、7月4日以降に正式に発動する予定だ。

 中国製EVをめぐって、米バイデン政権が今年5月に、関税を25%から100%に引き上げると発表済。EUの方針はこれに続くもので、中国側は強く反発している。

 これまで中国製EVは米国にほとんど輸出されなかったため、バイデン政権の高関税率による実質的な影響が小さい。しかし、EUは中国製EVにとって、最大の輸出市場であり、輸出全体の約4割がEU向けのものだった。EUが中国製EVに対する追加関税を正式発動すれば、中国メーカーに深刻な打撃を与えかねない。

 その影響を最小限に抑えるために、中国メーカーは2つの対策を取った。1つはEUへの駆け込み輸出という短期的なものだった。ピークは今年3月で、EV輸出は前年同月比41%増の10万台に達した。駆け込み輸出の反動として、4月と5月のEV輸出は2カ月連続の減少に転じたのだ。

 2つ目は長期的なもので、リスクを分散し輸出の多様化を図る対策だ。前述したブラジルがベルギーに代わり中国製EVの最大輸出先になったことは、正に輸出多様化の一環である。

 EUとの貿易摩擦を回避するために、中国メーカーは輸出多様化のほか、EV生産の現地化も推進している。

 BYDは昨年12月にハンガリー南部のセゲドに同社初の欧州乗用車工場を建設すると発表。今年4月、奇瑞汽車はスペインの自動車工場を買収し、ヨーロッパ市場向けの現地生産拠点にする計画を明らかにした。長城汽車は、ハンガリーやチェコなど東欧で工場建設を検討。上海汽車は英国で工場の建設を計画している。

 1980年代の日米自動車摩擦が示すように、貿易摩擦の解消には輸出の多様化と生産の現地化が不可欠だ。中国とEU間の電気自動車摩擦も最終的に中国メーカーの努力によって解消されるだろう。(了)

第180話 対中戦略の見直しを迫られる日本自動車メーカー前のページ

関連セミナー・商品

  1. 沈 才彬(しん さいひん)「爆発する中国経済」CD

    音声・映像

    沈 才彬(しん さいひん)「爆発する中国経済」CD

関連記事

  1. 第69話 共感を呼ぶAIIB構想力

  2. 第176話 市場はなぜ中国の5.2%成長を疑うか?

  3. 第41話 PM2.5、鳥インフルエンザ、大地震-習近平体制の多難の船出

最新の経営コラム

  1. #4 一流の〈名刺力〉-名刺は必要?不要?-

  2. 第51回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

  3. 第155回 データをスマホからPCに簡単転送【Google Drive編】

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第152回 動画撮影データも!スマホからPCに簡単転送!
  2. マネジメント

    第226回 一言で伝える
  3. サービス

    45軒目 「様・様 玉鉾店」
  4. 採用・法律

    第128回 従業員に対する2つの配慮義務
  5. キーワード

    第75回 アマゾン・ゴー(Amazon Go)
keyboard_arrow_up