menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第61回 金持ちはケチか

欧米資産家に学ぶ二世教育

金持ちにはケチな人が多いとよく云われる。水を出しっぱなしで顔を洗っていたら厳しく叱られた。家で家庭教師について勉強中の兄に声をかけたら、「お金を無駄にしないで」とすごい勢いで怒られた。富豪のシビアさを示すエピソードは枚挙にいとまがない。

私自身米国でアパートに住んでいたことがある。そこの大家さんが「しこたま貯め込んでいる」といううわさはすぐ耳に入った。ある日この大家さんが心臓発作を起こした。が、無料で診てもらえそうな医者の卵である私の夫の帰りを何時間も待ち続けた。やっと帰ってきた夫が診察して、「すぐ救急車を呼ぶように」と奥さんに言うのを聞いた大家さんは、「いや待て!」とやおらベットから立ち上がった途端事切れてしまった。米国では救急車が有料だから「勿体ない」と思ったに違いない。

大金持ちだからチップも沢山貰えると踏んでいたら大体期待外れになる。中にはホテルの前に整列した従業員にチップをたんまりはずむというようなことをする人もいるが、代々続くエスタブリシュメントはまずはこのようなことなどはしない。そこそこのチップを貰っても相手が大富豪だとわかると「おや、ナンダ」ということになるのだろう。

私の知り合いの歯医者は「金持ちに限って盆暮れのつけがない」というが、知り合いの歯医者は多分他にもおり、またそれほど世話になっているという気持ちがないのかもしれない。

金持ちが特別にケチだとは思わないが、「ボラれるのが嫌い」なのは確かだ。さる

ヨーロッパ王族の親戚が資産家を対象に、「金融取引の売買価格や手数料が妥当だったかどうか」に関する特殊な情報ビジネスを提供していて、かなり流行っているようだった。このあたりにも金持ちが経費にシビアなのがうかがえる。

また多くの人が「金持ちだから払って当たり前」と思っていることが気に入らない。実際、彼らのお金当てに寄ってくる輩は多いから、皆の言うことを聞いてたらキリがない。自分がよしと思うところには大きく使うが、それ以外のところは締める。こういう姿勢だから彼らは金持ちであり続けるのであり、収入と支出の見あいができない使う一方の子供を持つと、資産はあっという間に消えてしまう。

代々続く資産家とは、そうした事情を熟知し、子弟教育のノウハウを確立させたファミリーのように思う。

榊原節子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第60回 なぜ日本人は質問下手なのか?前のページ

第62回 後継者に教養をどう身につけさせるか次のページ

関連記事

  1. 第20回 墓の中から子どもを守る手段

  2. 第86回 演劇部に入る?

  3. 第100回 最終講 大局観

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第28回 奥鬼怒温泉郷(栃木県) 紅葉シーズンに訪れたい関東最後の「秘湯」
  2. 健康

    第55回 湯めみの丘温泉(山梨県) 富士山を望む本物のかけ流し温泉
  3. コミュニケーション

    第35回 未来を祝って福を呼びこむ年賀状の書き方
  4. 社長業

    Vol.148 我社の次の業績牽引車をつねに準備する
  5. 人間学・古典

    第41講 「言志四録その41」人となり沈静なる者は、事上の練磨を勉むべし。快活な...
keyboard_arrow_up