menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第90回 家風ー受け継がれるもの

欧米資産家に学ぶ二世教育

「家風」というと「この個の時代に何を古めかしい」と思うかもしれない。ところが、世界の資産家を対象とした調査では、5世代以上今も続くファミリーの特徴として「語り伝えがしっかししていること」が挙げられている。実際、世界の資産家ファミリー達はあらゆる努力を払って先祖の「物語」を子孫に伝えようとし、親や親類のエピソード、家風の継承を大切にする。彼等にとっては決してなじみの深いものではない、「家訓」やら「家憲」づくりにすらいそしむファミリーもいるのである。

私の実父は量子力学の面で業績を残し、1950年から63年の間にノーベル物理学・化学賞の候補になった6研究者の一人であったと、最近になって新聞紙上で報じられた。現在は毎年のように甥の一人と従兄の一人が夫々ノーベル生理学・医学賞や化学賞の候補となって新聞に登場する。私はこれも家風ではないかと思っている。実家の家風がだいぶ世間一般と違っていると気づいたのはいつだっただろうか?
 
「他の人と同じ」というのは我が家では軽蔑された。「世間と同じが無難」という発想は全くなく、他人がどう思うかも気にしない。自分の好きなことを好きにやる。自分の主張はオーバー位に訴える。日本では自分勝手で偏屈もののレッテルが貼られる。しかし、この家風は「あたらしいものを作りだしていく」ことには向いているように思う。
 
「努力家」の家風もある。父は電車に乗れば一分の時間も無駄にせず論文を開いて読んでいたから私たちも真似た。ガンを患い85歳で亡くなる2週間前まで論文を書く後ろ姿は家族全員の脳裏に刷り込まれている。3歳の孫まで電車に乗ったとたん絵本を開いたのには仰天した。
 
我が家にはよく泥棒が入った。父は泥棒対策のさまざまな仕掛けづくりを家中に張り巡らせ、定期的にアップグレードしていた。そんな環境に育てば、兄弟全員アイディアマンになろうというもの。兄たちは大きな発明や発見をしたし、才能に恵まれなかった私もほとばしるようにアイディアだけは出て、大失敗も繰り返している。
 
父には「どうしてだと思う?」という質問もよくされた。答えはないのである。(そういえば「世界でもまだ答えが出ていない」と言われた記憶がある)。私は昔子育てしていた時こうした家風を子供達にも伝えようと、手作りの「考えるワークブック」を考え出した。記憶にあるのは「巨人と阪神のユニホームが違うのは何故、理由を10個言って」という問題である。一つ二つならだれでも考えつくが10個となると頭を駆使しなければならない。それがいいと思ったのである。 
 
「今までにない新しい遊びを考えだしてください。」は我ながらよい質問だったと思ったのだが、子ども達は全く記憶にないようである。残念ながら誰も研究者の道は選ばなかったが、それぞれの分野で創造力を発揮していることとひたすら信じている。
 
 
 
                       ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

第89回 運を呼び込む工夫前のページ

第91回 嫌われる「上から目線」次のページ

関連記事

  1. 第50回 会社のスキャンダル、家族のスキャンダル

  2. 第29回 スイスのボーディングスクール

  3. 第87回 ワンランクアップを目指すには苦手なことに挑戦を!

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第2話 年末賞与支給のための準備に向けて
  2. 製造業

    第294号 両手を同時に使う
  3. マネジメント

    第六話 悪い話から先にしろ(銀河高原ビール)
  4. 経済・株式・資産

    第39回「資産運用を取巻く環境変化、金融市場の混乱とその対処法」
  5. 教養

    第124回『歴史とは何か 新版』(著:E.H.カー)
keyboard_arrow_up