menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.34 社長に「二言」はない

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「自創経営」を長年指導していただいている東川先生が、一番大切にしている「言葉の一つ」に「自己リーダーシップ」というのがある。
 
 本当に強い会社を創り上げた社長は、社員の誰もが信じていない「2~3年先の大目標」をブチ上げ、必ず実現させている。1回では皆、偶然と思っているので、2回、3回と実現させる。
 
 そこで初めて、腹心の1人か2人が「この社長に人生を賭けよう」と思いはじめる。
 
 東川先生自身、二人の大社長の実行力に若い時分に触れ、人生の方向性が決まったそうだ。
 
 小さな空手形の、不履行は気にしない。社員が不可能と思える大目標の実現こそが、「全社員をその気にさせ」「勢いをつける」原動力だ。狂気にも似た、実行力と先見力の両方がなければならない。
 
 自信のないこと、調子にのっての「おおぶろしき」の発言は言わない事が賢明だ。言った本人は冗談でも、たった1人の腹心からも信頼されなくなる。
 聴く側の真剣味と話す側の本気度は、いちいち確認できない。
 
 大発言にキチッと責任を持つことを、東川先生は「社長の自己リーダーシップ」と勝手に名づけているが、大切な言葉だ。

 

Vol.33 社長がもっともっと有名になる努力前のページ

Vol.35 I社長に叱れた!次のページ

関連記事

  1. Vol.158 企業の緩み「10の兆し」

  2. Vol.61 中国戦略をもう一回じっくり練り直す

  3. Vol.83 自社の「主力商品」はキチンと相手に伝わっていますか?

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第12話 成長課題 管理職の部下育成術(12)
  2. サービス

    31軒目 「その土地に合わせたコンセプトで繁盛」
  3. 経済・株式・資産

    第32話 鄧小平と毛沢東の「戦争」―薄煕来失脚事件研究(4)
  4. 健康

    第32回 石和温泉(山梨県) 「単純温泉」は単純ではない!
  5. 戦略・戦術

    第34回「日本の未来は、労働時間短縮に、時間当たり賃金アップになっていく!?」
keyboard_arrow_up