menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第65回 ヤマハ銀座ビル

社長のメシの種 4.0

 11月23日にリニューアルオープンした東京・銀座のヤマハ銀座ビル1、2階には、「街角ピアノ」や「バーチャルライブシステム」など、参加型の音楽体験を提供する「ブランド体験エリア」ができた。
 
65-1.jpg
65-2.jpg
 
 1階入り口にある「key between people」と呼ばれるスペースは、誰でも自由に弾くことができるテーブル型の白い電子ピアノが置かれ、ピアノを演奏する手元の映像などを壁面の25面マルチ大型ディスプレイに映し出し、演奏する人と聴く人が心地よいコミュニケーションを取りながら楽しめる空間を作り出している。
 
■Real Sound Viewing(リアルサウンド・ビューイング)
 2階のカフェラウンジ(全68席)では音楽にちなんだ食べ物のメニューなどが用意され、音楽に関する700冊の本も読むことができるが、ここはバーチャルライブスペースとなっており、置かれているアコースティックピアノ、ドラム、ウッドベースの自動演奏によるライブが味わえる。
 
 ホテルなどのカフェラウンジでは、ピアノやピアノトリオなどのライブ演奏が提供されているが、ヤマハ銀座ビルはそれを無人の自動演奏で実現している。
 壁面のディスプレイに等身大の演奏者が映し出されているので最初は映像によるライブ配信と考え「リアルな音だな」と思っていたが、実はその場に置かれている楽器により演奏されていた。
 
 このシステムはライブを真空パックのように保存し、「楽器の生音」と「リアルな映像」でいつでも再生して楽しむことを可能にするもので、アーティスト演奏をデジタル化して正確に記録、その演奏を忠実に実物の楽器で再現するものだ。
 
65-3.jpg
65-4.jpg
 
 自動演奏ピアノは従来からあったが、ドラムとウッドベースの自動演奏は珍しく、「電気信号を振動に変換し、アコースティック楽器自体を鳴らすことで自動演奏を可能にする」ヤマハの独自技術が使用されている。
 
 ヤマハはこの技術を進め、将来的には楽器の生音での遠隔ライブ配信や往年のアーティストのパフォーマンスを楽器の生音で楽しめるようにするといった用途も想定している。
 
 
 
 
======== DATA =========
 
●ヤマハ銀座ビル
所在地:東京都中央区銀座7-9-14
営業時間:11:00~18:30
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)
url:https://www.yamahaginza.com/

第64回 バーチャルインフルエンサー前のページ

第66回 スリープテック次のページ

関連記事

  1. 第52号 丸の内永楽ビルディング

  2. 第204回 ロボットベンチャー(シリコンバレー視察レポート)

  3. 第30回 デリバリーロボット・Marble

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第33回 逆風をチャンスと捉える経営:「ニトリホールディングス」
  2. 健康

    第95号 Googleでも採用される新しいモチベーションのルール
  3. 人事・労務

    第52話 就業管理をきちんとしなければ好循環は維持できない
  4. マネジメント

    第104回 5Gが来る
  5. 社員教育・営業

    第11回 「クレーム応対の心構え」
keyboard_arrow_up