menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第3話 「これ、ちょっと考えてくれるか?」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

  先代社長は、草創期の頃、たくさんの“課題”を与えてくれた。そうすることによって自らの手で【分身】を育てたのである。
 
 よく中小企業の社長から、「自分の分身がいない。」との愚痴めいたことを聞くことがあるが、「いない」のではなく、「育てていない」のであ る。
 
 「人を育むのは仕事。」であるという認識をまずは社長が持つべきである。そして、具体的に考えさせ、実践させることだ。実践なくして空理空論 では人は育たない。
 
「これちょっと考えてくれるか?」そう言って、よくメモを渡された。初めて課題をメモで渡された時、一生懸命考えてA4の紙に2、3枚 自分の考えをきっちり書いて持っていったら読みもせずに開口一番、叱られた。
 
「こんなもん、読む気するか。こんなに時間をかけてきれいに清書してこられたら断られへんやろ。俺が言ったことに対して、方三条で書いてくれる か。」私は、「方三条って何ですか?」と尋ねると、
 
「私はこう思います。と最初は走り書きで三段くらいで分けて、俺が渡したメモに簡単に書いてあとは口頭で話せ。まずは、君の考えが知りたいんや。
 
 おっしゃった狙いはこうですね。内容はこんな感じで結論はこう。やり方はこういう段取りで進めようかと思います。とな。
 
 その話し合いで、よし、こうしようと決まればあとは具体的に考えてまとめればええ。君みたいなことしたら時間と紙がもったいないやろ。なんぼ 君がきれいに書いても俺と想いが同じでなかったら意味がないやろ。
 
 確かに、いくらやり方を考えたとしても、狙いを含め、社長の意図するものが何なのかをしっかりと掴まなければ、 結局無駄な時間を過ごし機会損失をするだけである。(ちなみにメモで渡されることが重要で、「言った」「言わない」などの 食い違いを防ぐためにも重要である。)
 
 それからというもの、まずはスピード重視で、朝言われたら昼、昼言われたら夕方、夕方言われたら夜、夜言われたら翌日の朝。途中でもいいから 自分の考えを言いに行き、社長の考えと合っているかの確認をしたものである。
 
 「うちの社員は課題を持っていない。」と嘆く社長も多いが、まずは、自ら考え行動する社員を育てるためには、社長自らが分身を育てる意味にお いても、課題を与えることが重要である。

 

第2話 「任すから任せるに足りる人を創れ!」前のページ

第4話 「地に足のついた行動をしてくれるか!」次のページ

関連記事

  1. 第13話 “人が育つ人事”が21世紀の成長戦略

  2. 第4話 「地に足のついた行動をしてくれるか!」

  3. 第22話 良い会社はあかんで!『強い会社』を創ろ!

最新の経営コラム

  1. 第172回 達人に学ぶ④マジシャン 前田知洋さん

  2. 第22回 瞬発力が会社の生死を分ける

  3. 第186話 贈与税がなくなる

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第71号「WBCでのバントの意味とは?」
  2. 製造業

    第211号 現場には全社の問題が存在している
  3. 教養

    第65回 『血を繋げる。』(著・鈴木 満)
  4. コミュニケーション

    第159回 「いいところを見つけるのが気配り」 
  5. マネジメント

    第120回 人生100年時代の経営
keyboard_arrow_up