menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第二十七話「豆を煮るに豆がらを焼く羹」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

※本コラムは2000年代に井原隆一氏が書き下ろした「不況は会社守成の好機」コラムを再連載するものです。


三国時代の魏の曹操には兄の曹丕と弟の曹植の子がいた。その曹植は若くして文才にすぐれ、武技もよくしていた。曹操は、曹植の才能をよく愛し、兄の曹丕に変わって太子に立てようとしたが、
直情径行、粗暴の振る舞いも多かったので、結局、兄の曹丕にあとを譲った。

曹丕は継ぐと後漢の献帝を廃し自ら魏の文帝と称した。この文帝と曹植は小さいときから肌が合わず曹植は兄の憎しみを受けていた。

ある時、曹丕文帝は東阿王に封ぜられていた曹植を呼んで、即席に詩を賦することを命じた。

余の前七歩を歩むうち、詩が出来ぬときは勅令に背くものとして重罪に処す。という厳しい命令。
こうして弟の曹植を痛めつけようとしたのであった”

曹植は兄文帝に応じて立つと、ただちにこう作詩した。

  豆を煮て持して羹(あつもの)を作る
  豉(し)を漉して以て汁となす
  豆は釜の下に在って燃え
  豆は釜の中に在って泣く
  本是同根より生ず
  相煎る何ぞ太(はなはし)く急なる

羹を作ろうとして豆を煮、味噌をこして汁を作るのに豆がらを釜の底で燃やすと釜の中の豆が熱さに堪えかねて泣きながら言うには、豆も豆がらも、もともと同じ根から育った間柄なのに、こんなに急いで煮るとは、あんまりつれない仕打ちではないか。

これは弟として、父母を同じくする誠の兄弟の間柄である。本来は共に手をとり合って継ぐべきはずなのに弟の私を責めなさるのか、という切ない気持ちを詩に託したのである。

 ※栗山英樹氏から、本コラム井原隆一氏の「人の用い方」書籍と、井原隆一「人の用い方セミナー」収録講演CD版・デジタル版を推薦いただきました!

 監督の仕事は、選手の心を動かし、勝利の高みに導くことです。人をいかに用いて、信頼感を高めるか―――
その答えを求めて、私は井原さんの「人の用い方」のCDを5年間、毎日球場までの往復2時間、車の中で聴き、本をカバンに忍ばせていました。選手は勝利のために厳しい練習をしているわけですから、私は素振りの代わりが勉強だと思っています。

第二十六話「避けにくい責任転嫁」前のページ

第二十八話「二卵を以て干城の将を棄つ」次のページ

関連記事

  1. 第五話 「名君と暗君」

  2. 第四話 「呼びつけできない部下を持て」

  3. 第六話「十天王」

最新の経営コラム

  1. 第124回 隣地を使用する権利

  2. 第115回 長門湯本温泉(山口県) リニューアルしても変わらぬ「癒やしのぬる湯」

  3. 時代の転換期を先取りする(16) キリスト教迫害から寛容の時代へ(コンスタンティヌス帝)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第74回  客層に対する思い込みを点検する「ペアレンディングホーム高津」
  2. マネジメント

    組織を動かす力(1)日本ラグビーを変えた男
  3. マネジメント

    「自分を動かす言葉だから人も動かせる」(角田識之の社長学2.0 9月1日号)
  4. マネジメント

    第184回 中小企業のDX
  5. 経済・株式・資産

    第93話 米中首脳会談の舞台裏(下)
keyboard_arrow_up